スバル「BRZ」最終版登場!? 登場から8年目で「ファイナルエディション」を発売

スバルのスポーツモデル「BRZ」のファイナルエディションが、ドイツで2020年7月に発売されることが明らかになりました。なぜ、ドイツでファイナルエディションが発売されるのでしょうか。

2012年の登場から8年! ついに最終版が出てきた?

 スバルのドイツ法人は、スポーツモデル「BRZ」のファイナルエディションを2020年3月13日に発表。同年7月に、ベース価格4万270ユーロ(約476万円)で発売することを明かしました。

ドイツ市場に別れを告げるスバル「BRZ ファイナルエディション」
ドイツ市場に別れを告げるスバル「BRZ ファイナルエディション」

 ドイツ法人によると、今回のファイナルエディションをもって、同国のスバルラインナップからBRZが廃止されることに伴い、「ドイツ市場に別れを告げる」モデルとして設定したといいます。

 ファイナルエディションの外装は、従来のBRZよりもスポーティさを追求。特徴的な部分として、17インチアルミホイールを採用し、ブレーキキャリパーは赤く塗装され、ザックス製ショックアブソーバーやブレンボ製ブレーキが装着されました。

 また、ファイナルエディションは、標準でクリスタルブラックシリカに塗装されていますが、WRブルーパールは100ユーロ(約1万2000円)のオプションで変更可能です。

 内装は、随所に青いアクセントが施され、シフトレバー、ドアトリム、インパネ、青黒のレザーハンドル、そしてフロアマットには青いBRZのロゴがあしらわれています。

 また、前席は青黒のレザー/アルカンタラシート、後席は黒という特徴的なカラーデザインを採用したほか、ファイナルエディションを表すエンブレムを付いています。

 これ以外の内装は、標準車と同等となり、7インチタッチスクリーン、6つのスピーカー、ふたつのUSBポートを備えたインフォテインメントシステムを搭載。

 加えて、寒冷地仕様に見られる加熱式のドアミラー、2ゾーンオートエアコン、LEDフォグランプも標準装備され、サーキット走行用にVDCプログラムにより、走りを楽しむこともできます。

 パワートレインは、従来同様の2リッター水平対向4気筒ガソリンエンジンを搭載。トランスミッションは、6速MTと6速AT(オプション:約22万円)が用意されています。

スバル BRZの詳細情報を見る

【画像】日本仕様と何が違う? BRZを画像で比較!(17枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント