ホンダ新型「オデッセイ」登場!? 北米と日本で車名一緒でも別のクルマなワケ

2020年4月に開催予定の「ニューヨークモーターショー2020」にて、ホンダ「オデッセイ」の2021年モデルが世界初公開されるといいます。日本で販売されているオデッセイとは大きく印象が異なりますが、実際にはどのような部分が違うのでしょうか。

北米と日本…同じオデッセイなのに違う!?

 ホンダの米国法人は、2020年4月に予定されている「ニューヨークモーターショー2020」にて2021年モデルとなる新型「オデッセイ」を世界初公開すると発表しました。日本でもオデッセイは販売されていますが、北米のモデル(以下、北米版オデッセイ)とはどのような違いがあるのでしょうか。

日本版オデッセイ(左)と北米版オデッセイ(右)どっちが好み?
日本版オデッセイ(左)と北米版オデッセイ(右)どっちが好み?

 北米版オデッセイは、初代モデルこそ日本と同じですが、2代目以降はかつて日本で販売されていた「ラグレイト」がベースとなり、オデッセイとして販売され続けています。

 北米版の現行モデルは、2017年に登場した5代目。日本版オデッセイの現行モデルは、2013年に登場した5代目と同じようなモデルチェンジを経ています。

 ボディサイズは、北米版オデッセイが全長約5161mm、全幅約1993mm×全高約1767mmというラージサイズミニバンです。

 一方の日本版オデッセイは、全長4840mm×全幅1820mm×全高1685mm-1715mmと日本市場では大きなサイズですが、北米版オデッセイと比べると一回りほど小さくなります。

 パワートレインでは、北米版オデッセイが可変シリンダーシステム(VCM)という走行状態に応じて気筒休止を備えた、3.5リッターV型6気筒エンジン(最高出力280馬力)を搭載。

 日本版オデッセイは、2.4リッター直列4気筒エンジン(最高出力175馬力-190馬力)のガソリン車と、2リッター直列4気筒エンジン+モーターのハイブリッド車を設定しています。

 今回、ニューヨークモーターショー2020で世界初公開される、2021年モデルの北米オデッセイは、さまざまな部分を大幅刷新しています。

 フロントデザインは、従来モデルの中央部で強調されていた水平基調のクロームグリルから3本の細いグリルと細いクロームに変更されました。

 フォグランプ部分では中央部のクロームで2段に分かれていた配置から縦型3段ライトに変更され、最新のホンダフェイスになっているほか、内装デザインや安全・快適装備なども最新のバージョンに刷新されています。

 北米市場では、10年連続でミニバン販売ナンバー1を記録。ファミリー向けの機能性やミニバンのスポーティな運転性能を有するモデルとして人気があり、2021年モデルは好調なオデッセイの販売を底上げするモデルチェンジです。

【画像】新型オデッセイは「シビック顔?」 北米と日本の違いを見る!(13枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント