フィアット新型「500」13年ぶり全面刷新! ルパンの車が初のEVに

フィアットが2020年3月4日に発表した新型「500」。コンバーチブルタイプのボディで、かつFCAとして初のEVとして登場する。

新たにEVとして登場したフィアット新型「500」

 フィアットは2020年3月4日、「500」(チンクエチェント)の新型モデルを発表した。フィアットが属するFCAグループ初のEV(電気自動車)として登場する新型500は、コンバーチブルタイプのボディで登場する。

フィアット新型「500」
フィアット新型「500」

 全長および全幅が6cm、ホイールべースが2cm延長された新型500のボディ前方には、現在のフィアットバッジからではなく専用の「500」ロゴが装着される。

 搭載されるモーターは87kWの出力を発揮し、リチウムイオンバッテリーの容量は42kWh。航続距離は最大320km(WLTPサイクル)を確保している。最高速度は150km/h(リミッター)、0-100km/hの加速タイムは9.0秒を記録する。

 走行モードは「ノーマル」「レンジ」「シェルパ」の3種類が用意され、ドライバーは状況に応じて最適な走行モードを選択できる。

 ノーマルモードでは内燃機関の車両に近い感覚で走行でき、レンジモードではアクセルペダルを戻しただけで強い減速が可能となるワンペダル走行が可能だ。

 シェルパモードは、EVで走行するうえで重要となる航続距離の短さへの不安を解消する走行モード。最高速度が80km/hに制限され電気消費量が最小限に抑えられることで、ナビゲーションシステムに設定された目的地、あるいは最寄りの充電ステーションまでの到達をアシストする。

 EVの使い勝手を左右する充電時間にも配慮され、85kWの高速充電システムを搭載した新型500は、50kmを移動するのに必要な電力を得る充電時間はわずか5分に抑えられている。また高速充電器を用いれば、バッテリー容量80%までの充電はわずか35分で完了する。

 新型500は次世代のEVというだけでなく、各種先進装備も充実。

 自動運転レベルでレベル2相当の運転支援システムを搭載したほか、PSAグループの最新インフォテイメントシステム「Uconnect5」をFCAで初搭載し、AppleCarPlayやAndroidAutoにも対応する。

※ ※ ※

 500の現行モデルは2007年に本国で発表された(日本市場では2008年に発売)。同車は日本でもアニメ「ルパン三世」に登場するなど、多くの人に知られる存在だ。

 新型500のデリバリーは、ローンチエディション「ラプリマ」から始まり、本国でのオンライン予約は発表と同じ2020年3月4日に開始される。

 フルLEDヘッドライトやエコレザー張りのシートなどが装備され、ボディカラーはミネラルグレー、オーシャングリーン、セレスチャルグリーンの3色。限定数は500台となる。

 なお、現地の特派員によると、日本市場への導入有無や時期については未定とのこと。

 また、新型500のローンチを記念して、ジョッジオアルマーニ、ブルガリ、そしてカルテルの3ブランドが新型500のワンオフモデルを製作したほか、俳優・環境保護活動家のレオナルド・ディカプリオがビデオ出演する「オールイン」ビデオキャンペーンも開始される。

【画像】世界初公開! フィアット新型「500」を見る(33枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

Yahoo!ショッピングで自動車パーツを探す!

最新記事

コメント