【美術館&グルメ】横須賀美術館に併設のレストランで地元の食材を使ったイタリアンを楽しむ

海を眺めながら本格イタリアンを楽しめる横須賀アクアマーレ

 横須賀美術館を勧めたい理由は、併設されるカフェ&レストラン「横須賀アクアマーレ」の存在にもある。

海側は、床から天井まで1枚の大きなガラス窓になっている。海だけでなく、芝生広場横の緑も楽しめる。
海側は、床から天井まで1枚の大きなガラス窓になっている。海だけでなく、芝生広場横の緑も楽しめる。

 明るいガラス張りの店内は芝生広場に面しており、その先には東京湾が広がる。海を眺めることのできる明るく開放的な店の雰囲気も魅力だが、なんといっても素晴らしいのは、その料理だ。

 この店の総料理長を務めるのは、東京・南青山の「リストランテ アクアパッツァ」の日高良実シェフ。高級店として知られる南青山の店と違って、こちらの店はカジュアルな雰囲気が強い。カフェタイムもあるし、ランチではお手頃価格のセットも用意されている。それでも、地元の旬の食材を使った料理のレベルは流石の高さだ。

 ランチには3種のパスタとピッツァ、1種のリゾットとラザニアという8種のメニューが基本とする。今回は「キャベツとメカジキ ケイパー チェリートマトのオイルベース スパゲティ」(サラダ/ドリンク付き1400円)をいただいた。

ランチのセットとなる「キャベツとメカジキ ケイパー チェリートマトのオイルベース スパゲティ」(サラダ/ドリンク付き1400円)。地元の旬の食材が使用されている。
ランチのセットとなる「キャベツとメカジキ ケイパー チェリートマトのオイルベース スパゲティ」(サラダ/ドリンク付き1400円)。地元の旬の食材が使用されている。

 メカジキと春キャベツは地元・三浦で手に入れたもの。細めのイタリアのパスタ麺は、この店のこだわりのひとつ。シンプルな内容でありながらも、ひとつひとつの素材の旨味がほどよくバランス。なんと上品! と舌鼓を打つばかりであった。

横須賀美術館
神奈川県横須賀市鴨居4-1
TEL:046-845-1211
開館時間:10:00~18:00
休館日:毎月第一月曜(祝日の場合は開館)、12月29日~1月3日
所蔵品展・谷内六郎館観覧料:一般310円、高校生・大学生・65歳以上210円、中学生以下無料(2020年4月以降、一般380円、高校生・大学生・65歳以上280円)
※企画展の観覧料は展覧会によりことなります。
駐車場:8:00~22:00 1時間310円、以降150円/30分、上限1510円/日(2020年4月以降、1時間320円、以降160円/30分、上限1600円)
アクセス:横浜横須賀道路馬堀海岸ICより3km

横須賀アクアマーレ
TEL:046-845-1260
営業時間:
LUNCH 11:00~15:00L.O.
DINNER 17:00~20:00L.O.
CAFE 10:00~20:00
定休日:毎月第一月曜(祝日の場合は営業)、12月29日~1月3日
駐車料金:レストラン利用時の駐車サービス券発行あり(3000円以上の飲食の場合 60分/5000円以上 90分/10000円以上 120分)
(価格はすべて税込み)

週末にドライブしたい! 横須賀美術館と併設レストランを画像で見る(15枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント