ホンダ「N-BOX」「N-BOX カスタム」合計4万4974台リコール エンストして走行不可のおそれ

2017年から2019年にかけて3年連続で日本一売れたクルマ、ホンダ「N-BOX」と「N-BOX カスタム」の、リコールが発表されました。

発進時等にエンストして走行できなくなるおそれ

 ホンダは2020年2月27日、同社の人気軽乗用車「N-BOX」と「N-BOX カスタム」の、リコールを発表しました。

リコールが発表されたホンダ「N-BOX」
リコールが発表されたホンダ「N-BOX」

 今回、リコールが発表されたのは「動力伝達装置(トルクコンバーター)」で、自動無段変速機(CVT)のトルクコンバーターにおいて、ロックアップクラッチダンパースプリングの成形が不適切なため、ロックアップ機構作動時に過大な応力がかかってしまい、折損するおそれがあるというものです。

 折損したスプリングがトルクコンバーター内部に脱落すると、異音が発生するだけでなく、最悪の場合はトルクコンバーター内部に噛み込んでしまい、発進時などにエンストを起こして走行できなくなるといいます。

 対象車種は、型式DBA-JF3とDBA-JF4の2モデルで、トルクコンバーターを良品と交換する改善措置が取られます。

 さらに、型式DBA-JF3とDBA-JF4の2モデルに加え、ホンダ「N-VAN」の型式HBD-JJ1とHBD-JJ2の4モデルについては、電気装置(後退灯制御リレー)部のリコールも発表。

 ヒューズボックスにおいて、内蔵される後退灯制御リレーの選定が不適切なため、リレー作動時に生成された金属異物がリレー駆動部に挟まることがあり、当該リレーが導通不良となって後退灯が不灯となるおそれがあるようで、ヒューズボックスを対策品に交換する措置が取られます。

 これらのリコールを受けてホンダは案内があり次第、早めに最寄りの販売店で、点検・修理(無料)を受けるよう呼び掛けています。 

ホンダ N-BOXの詳細を見る

【画像】ホンダ「N-BOX」「N-BOX カスタム」「N-VAN」のリコールのイメージを見る

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント