新型ルークスとN-BOXを徹底比較! 激化する軽スーパーハイトワゴン競争の行方は?

いま、もっとも勢いがあるカテゴリのひとつに、軽自動車のスーパーハイトワゴンがあります。このカテゴリには、日本で一番売れているホンダ「N-BOX」をはじめ、ダイハツ「タント」やスズキ「スペーシア」がラインナップされていますが、日産からは新型「ルークス」が登場します。N-BOXと新型ルークスには、それぞれどのような特徴があるのか比べてみます。

ハイト軽の最新モデルが登場! 日産 ルークスの詳細情報を見る

人気の軽スーパーハイトワゴン市場に日産「ルークス」が殴り込み!?

 近年、軽自動車に人気が集まっていますが、そのなかでもひときわ背が高い「スーパーハイトワゴン」が最近のトレンドです。

 とくに、ホンダ「N-BOX」の販売が好調で、2019年1月から12月のN-BOXシリーズの販売台数は、ホンダとして過去最高となる25万3500台を記録。

日産「ルークス」vs ホンダ「N-BOX」
日産「ルークス」vs ホンダ「N-BOX」

 登録車を含む新車販売台数においては3年連続、軽自動車の販売台数においては5年連続で首位獲得し、日本で一番売れているクルマとして君臨しています。

 ホンダ以外にも、ダイハツ「タント」やスズキ「スペーシア」といったスーパーハイト系が売れ筋ですが、2020年3月19日にフルモデルチェンジ予定の日産新型「ルークス」が注目されています。

 王者N-BOXと、トップの座を狙う新型ルークスは、それぞれどのような特徴があるのでしょうか。両車を比較してみます。

 新型ルークスは、日産と三菱の合弁会社NMKVが手掛けた軽自動車で、企画・開発は日産主導でおこなわれました。

 三菱では新型「eKスペース/eKクロススペース」として発表されており、新型ルークスと同じく2020年3月19日に発売される予定です。

 新型ルークスは、先代モデルは「デイズルークス」として販売されていましたが、フルモデルチェンジを機に「デイズ」が外れて、先々代の名称であるルークスに戻りました。

 なお、このときのルークスは、スズキ「パレット(現在のスペーシア)」のOEM車として販売されていました。

 新型ルークスは、標準仕様とエアロ仕様の「ハイウェイスター」のふたつのスタイルを用意。

 どちらのスタイルにも共通するのは、「Vモーショングリル」が採用されていることですが、ハイウェイスターはVの字が大きく、シャープな形状のヘッドライトを装備することで迫力のある表情となりました。

 ハイウェイスターの最級グレード「プロパイロットエディション」のヘッドライトは、オートレベライザー付きのLEDヘッドライトで、ヘッドライト上部のハーフクロム部は、消灯時はメッキ、点灯時はアクセントランプへ変化するなど、スタイリッシュな演出も施されています。

 N-BOXについても、標準仕様とエアロ仕様の「カスタム」を用意しています。

 標準仕様は丸型ヘッドライトで愛嬌のあるデザインですが、カスタムはメッキ加飾を施したやや大型のフロントグリルに、流れるウインカー(シーケンシャルターンシグナルランプ)を組み込んだヘッドライトで存在感のあるデザインが特徴です。

 ボディカラーは、新型ルークスは、標準仕様がモノトーン9色+2トーン2色、エアロ仕様がモノトーン8色+2トーン3色を用意。

 N-BOXでは、標準グレードがモノトーン10色+2トーン2色、N-BOX カスタムがモノトーン6色+2トーン3色を取り揃えるなど、それぞれ豊富なボディカラーをラインナップしました。

 軽自動車を購入検討するユーザーは、以前は燃費や経済性を重視することが多かったのですが、最近ではボディカラーを重視する人が多くなっているといわれています。

 そのため、ユーザーのニーズに応えられるよう、各車は多くのボディカラーを揃えているのです。

【画像】日産「ルークス」とホンダ「N-BOX」の内外装を見比べる(33枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント