熾烈な新車販売競争が生んだ“燃費スペシャル”!? ただの廉価仕様でない正体とは

近年販売される新車のなかには、燃費性能を重視するあまり“燃費スペシャル”ともいえるグレードが設定される場合があるといいます。いったい、どんな装備が搭載されたグレードとなっているのでしょうか。

ライバルに負けない燃費を実現! その手法とは

 近年の新車市場において、ハイブリッドカーは人気のカテゴリですが、販売ランキング上位のモデルのなかには、燃費性能に特化した“燃費スペシャル”ともいえるグレードが設定されていることがあります。

 燃費性能を特別に重視したグレードが設定される目的はいったいなんなのでしょうか。また、どのようなユーザーが購入するのでしょうか。

日産「ノートe-POWER」(記事中のe-POWER Sとは異なります)
日産「ノートe-POWER」(記事中のe-POWER Sとは異なります)

 2012年から販売されている日産の現行型「ノート」は、国内市場のコンパクトカー販売台数ランキング首位を2017年から2019年にかけて3年連続で達成しました。

 2018年は登録車全体の販売ランキングでも1位となり、近年の日産の国内販売をけん引するモデルとなっています。

 また、ノートは販売台数以外でもナンバーワンを取るために「e-POWER S」というグレードが設定されていました。これこそが、前述の“燃費スペシャル”といえるグレードです。

 ノートのハイブリッド車(e-POWER車)にはe-POWER Sのほかに「e-POWER X」「e-POWER MEDALIST」「e-POWER AUTECH」などが存在しますが、e-POWER Sはハイブリッド車の中でもっとも安いグレードとなります。

「e-POWER S」にはほかにはない特別な工夫がされているようです。ある日産販売店のスタッフは次のように話します。

「e-POWER Sについては“燃費スペシャル”といってもいいグレードで、余計なものが一切装備されていません。

 例えば、マップランプやフロントスピーカーなど、他のグレードでは標準装備されている装備が省かれている上に、なかにはオプション設定すらされていない装備もあります。

 結果として、ノートe-POWERのなかではもっとも車重が軽くなっており、車両価格も200万円を切る設定となっています」

 実際に、他のグレードは燃料タンク容量が約41リッターなのに対し、e-POWER Sは約35リッターと記載されています。燃料タンクを小さくすることで、車重を軽くする意図があるといえるでしょう。

 ある意味で極端ともいえるe-POWER Sですが、どうしてこのような燃費性能に特化したグレードが作られたのでしょうか。その理由は、他社との燃費競争にあるといわれています。自動車業界に詳しい専門家は、以下のように話します。

「『e-POWER S』は、ノートのライバル車にあたるトヨタ『アクア』に対抗するために作られたと考えられます。

 アクアは2013年のマイナーチェンジで37.0km/L(JC08モード燃費)という燃費性能を記録しましたが、e-POWER Sはそれを『0.2km/L』上回ることで、ライバル以上の燃費性能を持つことをアピールしたかったのでしょう」

 カタログを確認すると、e-POWER SのJC08モード燃費は37.2km/Lと記載され、確かに当時のアクアの燃費を上回っていました。しかし、アクアは2017年のマイナーチェンジでそれを上回る38.0km/Lを達成しています。

 なお、最高燃費を達成したアクアのグレード「L」は、e-POWER S同様に装備を簡略化することで車体を軽量化しています。

 目には目を歯には歯を、低燃費には低燃費を、とも表現できるような、自動車メーカー同士の意地のぶつかり合いがそこにはあります。

【画像】燃費命の特殊仕様!? “燃費スペシャル”モデルを画像で見る(22枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

Yahoo!ショッピングで自動車パーツを探す!

最新記事

コメント