ホンダ新型「アコード」発売! 走りと快適性が進化した大人セダンの魅力とは

ホンダのセダン「アコード」がフルモデルチェンジし、2020年2月21日より発売されます。10代目となる新型アコードは、走りと快適性が向上しているといいますが、どのようなクルマに進化したのでしょうか。

ユーザーに積極的に選んでもらえるセダンを目指した

 ホンダ「アコード」がフルモデルチェンジし、2020年2月21日に発売されます。価格(消費税込)は、465万円です。

 1976年に登場したアコードは、これまでに120以上の国や地域で販売され、累計台数は2000万台を達成。ホンダを代表するセダンのひとつとして、長年ユーザーから愛されてきました。

ホンダ新型「アコード」(2020年2月21日フルモデルチェンジ)
ホンダ新型「アコード」(2020年2月21日フルモデルチェンジ)

 10代目となる新型アコードは、ユーザーに積極的に選んでもらえるセダンを目指し、クルマの基礎となるプラットフォームから構造を一新。

 アコードとして譲れない走りと室内空間は確実に進化させながら、ロー&ワイドでクリーンなデザインを実現しました。

 外観は、磨き上げた走りの性能からイメージを膨らませ、動体としての在るべき姿を追求したスタイリングで、アコードならではの上質感や走りのパフォーマンスを表現。

 力強く端正なフロントフェイスや、スポーティな走り、安定感を創出する低重心なプロポーションが特長です。

 ボディカラーは、プラチナホワイト・パール、クリスタルブラック・パール、ルナシルバー・メタリック、ブリリアントスポーティブルー・メタリック、パッションレッド・パールの5色が用意されています。

 内装は、コンサートホールをイメージし、上質な空間を目指しました。

 見やすいインターフェイスや手のひらにフィットするステアリングホイールなど、操作性の良さと機能美の両立にこだわり、しっとりとした大人の上質感を演出つつ、アコードの強みである広々とした室内空間をより進化させました。

 新型アコードでは、プラットフォームを根本から見つめ直し、より軽量化し、剛性を高めたボディ骨格で、アコードのための「新世代プラットフォーム」を開発 また、インテリジェントパワーユニット(IPU)を、これまでのリアシート背面から後部座席の下へ再配置することで、トランクルームの広さも大幅に拡大。ハイブリッドセダンではクラストップの荷室スペースを実現しました。

 安定した走りを実現する低い重心高と、挙動変化が少なく、走行安定性をさらに高めた軽快な走りを可能にしています。

 また、アコードとして初めて、ダンパーの減衰力を4輪独立で制御する「アダプティブ・ダンパー・システム」を、採用し、爽快なハンドリング性能とフラットな乗り心地を高次元で両立させました。

 さらに、ドライバーの気分やシチュエーションに合わせて車両特性を変えられるドライブモードには、従来モデルと同様の「ノーマル」、「スポーツ」に加え、「コンフォート」を新たに追加。よりスムーズで静粛性の高いドライビングを楽しめるといいます。

 パワートレーンは、2モーターならではの力強い加速と滑らかな走りを実現する独自のハイブリッドシステム「e:HEV (イー エイチイーブイ)」を搭載。

 2リッターガソリンエンジン(最高出力145馬力)にe:HEV (モーター最高出力184馬力)を組み合わせ、WLTCモード燃費は22.8km/Lを達成しました。

 新型アコードは、衝突安全・予防安全性能においても高い性能を実現しています。

 新世代プラットフォームの採用により、全方位に対してより優れた衝撃吸収・分散構造を実現したほか、先進の安全運転支援システム「ホンダセンシング」を標準装備。後方誤発進抑制機能とオートハイビームを新たに加えました。

※ ※ ※

 10代目となる新型アコードは、2017年10月にすでに北米で発売されていますが、日本の道路事情や使用環境に合わせて開発・改良がおこなわれ、日本には約2年半遅れでの導入となりました。

 現在のホンダはセダンを豊富に取り揃えており、アコードのほかに「グレイス」「シビック」「インサイト」「クラリティ」「レジェンド」がラインナップされています。

 そのなかで、40年以上続くロングセラーモデルのアコードが、どれだけ存在感を発揮できるか注目されます。

【画像】スポーティな大人セダン! ホンダ新型「アコード」の詳細をチェック(27枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

【ヤフオク!】でクルマのパーツをお得にさがす!

最新記事

コメント