覆面パトカーって見分けられる?バックミラーが2つあるクルマは要注意!

一般的なパトカーのイメージは、黒と白にカラーリングされたボディです。しかし、普通のクルマと変わらない見た目をした「覆面パトカー」なるものが存在します。覆面パトカーとはどういったもので、どんな特徴があるのでしょうか。

覆面パトカーって何?その見分け方の鍵となる共通点とは

 一般的なパトカーといえば、黒と白にカラーリングされたボディです。しかし、普通のクルマと変わらない見た目をした「覆面パトカー」が存在します。

 覆面パトカーとはどういったもので、どのような車種が採用されているのでしょうか。

覆面パトカーはトヨタ「クラウン」が多い
覆面パトカーはトヨタ「クラウン」が多い

 街でよく見かける白黒カラーは「制服パトカー」と呼ばれており、おもに交通取締で使用されます。一方、覆面パトカーは、街を走るクルマと変わらない見た目をしているので、ひと目で警察車両と判断するのは難しいです。

 覆面パトカーは、「交通取締用」「捜査用」「警察用」に分けられます。

 交通取締用は、一般道や高速道路の交通違反を取り締まっており、クルマを運転するユーザーにとっても比較的身近な存在です。

 捜査用は、刑事ドラマなどでよく見かける、一般車両を使った捜査をおこなうクルマです。ただ、日常的に見かける確率は少ないでしょう。

 警察用は、政府関係者をはじめとするVIPを警護するために使用されます。

 数ある覆面パトカーのなかでも、気になるのは交通取締用で使われる車両の見分け方です。ポイントは、使用される車種が特定されているという点です。

 覆面パトカーとして使用できるクルマは、細かい選定基準をクリアする必要があり、ボディサイズやドアの数、ピラーの有無、排気量など、その規定はさまざまです。

 この基準を満たす車種は自然と絞られるため、各自動車メーカーから特定の車種を採用しています。

 おもに、国産セダンを導入しており、トヨタ「クラウン」や「マークX」、スバル「レガシィB4」といった車種が挙げられます。

 なかでもクラウンは、規定基準に合ったモデルとして、多くの覆面パトカーに使用されています。

 実際に、先代モデルの「クラウンアスリート」や「クラウン ロイヤル」といったモデルが導入されており、3リッター以上の排気量という条件を満たす「アスリートS」や「アスリートG」といったグレードを使用している可能性が高いです。

 また、過去にクラウンに次いで覆面パトカーの導入数を誇っていたレガシィB4ですが、現在はその台数が大幅に減っているといわれています。

 レガシィの場合、一般的にはセダンよりもツーリングワゴンのほうが人気があるため、4ドアセダンのボンネットにエアインテークを付けたターボモデルは少ないです。

 また、覆面パトカーの場合はリアワイパーが装備されていないので、一般車と見分けやすいことが弱点とされていました。

 マークXは、セダンのなかでも街で目にする機会の多い車種ですが、覆面パトカーとして使用されるのは、3.5リッターエンジンを搭載した「350シリーズ」が中心です。

 一般ユーザーが乗るモデルは、売れ筋モデルの「250シリーズ」が多いため、ここが見分けるポイントになるでしょう。

【画像】フェアレディZは反則でしょ!栃木県警パトカーはスポーツカーばかり!(23枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

10件のコメント

  1. もっとも常に法令に違反をしなければ見分ける必要もないけどな。

    • 違反はしてなくても見分ける価値 はあるぞ
      特に横横道路道路の覆面は逗子から新入して車間を詰めて炙り出すように煽って捕まえるので、したがってこのような公的な当たり屋風情を避けるにも見分け は必要だね。
      もはや取り締まりを目的とした取り締まりなので先日の小田原厚木道路の巻き添え事故のようにチョロチョロ土竜が日向ぼっこするように出没するので違反の抑制とはチャンチャラ笑える話なのです。
      公安大義に違反を誘発させる取り締まりは押し売り風情と何ら変わらない行為なんですね。

  2. 後部ウィンドウは最大暗めのスモークでバックミラーは後方から絶対確認できません。またグレードエンブレムを広島県警はつけています。少なくともクラウン210系はつけています。
    覆面の見分け方は隣に並べば姿勢のよい2名の乗車が確認できるか、デジタル無線のアンテナがシャークウィングでないことくらい。無線ケーブルが窓枠をモールドで隠しつつトランク内に引き込んでいる程度。
    これから高速道路以外での50キロ以下道路の取り締まりも強化し、検挙者は増やしていく方向。移動型レーザーオービスの登場は、脅威としか言わざるを得ない。

    • だから狩りなんだよな、検挙者を増やすのが目的なら公安ではないな。
      現役を退いた元警官が違反者の言い訳ベスト8みたいなくだらん取材に応じてる辺りも公安の崩壊の前触れだろ

  3. 転勤が多いので当然気付きますが、エンブレムの有無は都道府県によって、また導入時期によって運用が違います。このサイトに限らないですが、ググっただけでヘラっと記事書く人が多い。

  4. 覆面見分ける特徴の一つとしては、本来ついているエンブレムがなかったり、本来のついていないもついていたりとかですかね。(ルーフのアンテナがドルフィン)が標準車なのに変わるようにユーロアンテナが本来ついている箇所に箇所についている。最近話題のWRX系だとリアトランク右端に付いていたりします。後はホイールが違うとか・・。
    でも一番わかり易いのは取締用の覆面リワウィンドウのスモークの濃さじゃないかなって思います。
    一般車のスモークと比べると明らかに異様に濃いですよね。
    かつご丁寧にアヒマウントの部分はくり抜いてあったりするのは・・あたりの可能性強い気がします

  5. 深夜に片側4車線の道路を走行中、左後方をいつまでも(7~8分くらい)ついてくる真っ黒いメッキグリルのクラウンがいたので、もしや「あおり運転?」と思い、アクセルを踏み込んで逃げようとしたら、80km/h前後の速度が出たところでそのクラウンは天井に赤灯を光らせて、拡声器から「左に寄って止まりなさい」と言われ、検挙されたことがあります。

    暗いところでは見分けはつきにくく、またチ〇〇ラさん達に人気のいわゆる「VIPセダン」をベースとしたものがほとんどであり、わざと姑息な偽装をしながらの取り締まりが常日頃なされている様にもおもえます。

    • 当方SUVのリアガラスにこれ見よがしに後方カメラをつけています。フロント用です。解像度が良いので。
      それとそこに接続する電源コードを分岐してLED点滅ランプを自作して点けています。ただこれは外に向かって発光すると違反ですでの天井に向けていますが、車外からも発行自体が分かる。

      で、当方のデカいSUVはその内やらかすだろうと期待満々でついてくるが、後方カメラに気がつくと離れていく。
      つまり、赤色灯転倒までの追尾速度は違反行為です。
      それを認識しているので違反エビデンス撮られているとまずいのでしょう。

  6. 東北高速で覆面に捕まったよ。覆面車が大型車の陰にひっそり隠れていたらしく全く判んなかった。
    気づいたら後ろにいてドキッと思った瞬間パトライト上がり、すぐに先導されて近くのインターチェンジで凹みました。インターチェンジ近くバス停近くPA近くはすぐに先導して切符切りやすい絶好場所なので皆様お気をつけて。数十年違反切符とは縁が無く俺様は運転がうまいと過信していたけどこの件以来安全運転してますよ。事故したら人生台無しだもんね

  7. 根本的に情報がクソ古い。
    いつの時代の覆面の見分け方の話ししているんだこのライターはって印象しかない。
    エンブレムなんて確かに付けてないにも以前は合ったけど、今普通に付いているが普及しているけど。
    わかりやすい点で言えば、ガラスのスモーク度。一般車と比べて遥かに濃く中が本当見えないっていう濃いやつになってます。一般車はうっすら中見えるでしょ。その差です。後、その割にはご丁寧にリアガラス越しのハイマウントストップランプ部だけはくり抜いています。一般の人でも濃いのつける方もいますが、くり抜き処理は基本しません。くり抜かなくても普通にブレーキ踏まれるとハイマウント点灯する同じ濃さでも十分見えますからね。後は、クラウンで言えばルーフのアンテナ。いわゆる純正がドルフィンタイプ。覆面はご丁寧にユーロアンテナ。最近話題のWRXS4の青で言えば、トランク右端に必要のないユーロアンテナ付いていたりとかね・・。