1億円の激レアレクサス車がひっそり展示!? 500台限定モデルがある意外な場所とは

東京都杉並区にオープンしたレクサスの新店舗「レクサス浜田山」に、レクサスのなかでも飛び抜けて高級な車種が展示されていました。この車種は実際に買えるのでしょうか。

レクサスの最上級モデルが降臨!

 2019年11月にレクサスの新店舗「レクサス浜田山」がオープンしました。場所は東京都杉並区浜田山で、東京の高級住宅地としても名前が知られている土地です。

 そんなレクサス浜田山には、1億円の価値を持つともいわれる極めて高級な限定モデルが展示されているといいます。はたして、どんなクルマが展示されているのでしょうか。

レクサス「LFA ニュルブルクリンクパッケージ」(写真は店舗で展示されている車両とは異なります)
レクサス「LFA ニュルブルクリンクパッケージ」(写真は店舗で展示されている車両とは異なります)

 レクサス浜田山で展示されている超高級車種は、レクサス「LFA」というスーパーカーです。2010年に全世界500台限定として発売された、レクサスのスーパーカーです。

 日本では165台販売されましたが、クルマの希少性から、中古車価格の方が新車価格を上回る現象が起こっています。

 LFAの新車販売価格は3750万円だったのですが、あるトヨタ販売店スタッフによれば、価格が1億円に達する中古車もあるとのことです。

 また、新車価格同士で比較しても、現在のレクサスのラインナップのなかでもっとも高額な「GS F」ですら1144万円で、国産車のなかでも高額な日産「GT-R NISMO」とホンダ「NSX」がともに2420万円ですから、ダントツで高かったクルマといえます。

 また、LFAは数字だけではなく、エンジンなども特別なものとなっています。

 搭載されるエンジンは4.8リッターV型10気筒の自然吸気で、最高出力は560馬力を誇ります。

 エンジンはヤマハ発動機によって専用開発されたものが搭載されており、トランスミッションもアイシン・エーアイ製の6速シーケンシャルギアボックスが搭載されています。

 加えて、車体にカーボンなどの素材を使うことで軽量化を果たし、車重は1480kgとなっています。

 LFAはすべてが専用品と呼べるほど、それまでのレクサスには無い特別なクルマでした。

【画像】価値1億円のレクサス車は超豪華&スポーティ!! 伝説の限定モデルをチェック(28枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

【ヤフオク!】でクルマのパーツをお得にさがす!

最新記事

コメント