レジャー用途だけでなく非常時にも注目!? 災害にも威力を発揮するキャンピングカー3選

もちろんレジャーで用いられるキャンピングカーですが、近年、全国各地で起こる自然災害の時にも、大きな役割を果たすことがあります。今回は災害に強い最新キャンピングカー3モデルを紹介します。

いざ、というときは電源の確保が大切

 大きな自然災害が発生し、自宅が半倒壊や損壊に見舞われ、屋内で過ごすには支障が出た場合など、愛車で車中泊を余儀なくされる状況があります。

 もちろん、自治体が用意する避難所に避難できる場合もありますが、プライベートが確保されないなどの理由で、あえて愛車に寝泊まりする人も多いようです。

 そうした時は、ボディサイズの大きなクルマが有利になるのは当然のことですが、それよりもクルマがあることで重要なライフラインが確保できるメリットがあります。

 それは、電気を使えるということです。愛車のシガーソケットからスマートフォンを充電することで、自身の安否の発信や災害情報を取得できるなど、さまざまな恩恵を授かることができます。

 今回は、「ジャパンキャンピングカーショー2020」に出展されたキャンピングカーのなかで、そうした電気の蓄えや供給を得意としたモデルたちに注目し、紹介していきます。

●ルーフに巨大なソーラーパネルを持つ軽キャンパー

 香川県高松市にある岡モータースが出展していた軽キャンパー「ミニチュアクルーズSVは、スズキ「エブリイワゴン」をベースにしたモデルです。

岡モータースの『ミニチュアクルーズSV』。価格:310万7000円(展示車価格/諸費用別・消費税別)
岡モータースの『ミニチュアクルーズSV』。価格:310万7000円(展示車価格/諸費用別・消費税別)

 車内は、ベッドを展開すると長さ1820mm×幅1420mmという車中泊スペースを確保しているのですが、一番の特徴はルーフに225Wものソーラーパネルを搭載していることです。

 サブバッテリーという、メインのバッテリー以外に充電できるバッテリーを搭載しており、そのサブバッテリーへの充電はもちろん、メインのバッテリーにも適性電圧で充電できるコントローラーも搭載しています。ちなみにそのソーラーパネルは発電効率に優れた国産品ということです。

 また、家庭用の電化製品も使えるように、1500Wものインバーターを標準で装備。炊飯器や電気ケトルといった消費電力の大きな製品も余裕で使えるようになっています。

 さらに、車外でも家電が使えるようにリアのナンバープレート付近に給電装備を設定しており、使い勝手も高めています。

 車内には給排水タンクを備えたシンクも備えており、ちょっとした調理も可能です。

 そして、DC12Vで稼働する車載用電子レンジまで装備しているので、週末レジャーでの用途はもちろん、イザという時の心強い相棒になるでしょう。

まさに「走る非常用電源」!? 災害に強いキャンピングカーを画像でチェック(13枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

【ヤフオク!】でクルマのパーツをお得にさがす!

最新記事

コメント