なぜ新型セダンを投入? 国内市場縮小でも新型モデルが発売される理由とは

ひと昔前までは、クルマといえばセダンが当たり前の時代がありました。しかし、現在では多様化するニーズに応えるべく、さまざまなボディタイプが登場し人気を博しています。その影響もあり、セダン市場は縮小傾向にあるといいますが、それでも国産自動車メーカーが相次いでセダンの新型モデルやフルモデルチェンジをおこなう理由とは、どのようなものなのがあるのでしょうか。

国内のセダン市場縮小傾向でも新型セダンは相次いで登場

 かつては、高い人気を誇ったセダンですが、年々全体的な販売台数が減少しているほか、現行ラインナップからセダンを廃止している国産メーカーもあります。

 一方で、新型車やフルモデルチェンジなどでセダンのラインナップを刷新しているメーカーもありますが、なぜ縮小傾向にあるセダンを整理せずに販売し続けるのでしょうか。

スカイラインブランド復活!? 若者に支持されるマイナーチェンジ後の日産「スカイライン」
スカイラインブランド復活!? 若者に支持されるマイナーチェンジ後の日産「スカイライン」

 かつて、クルマのボディタイプといえば「セダン」が大半でした。1980年代まではのクルマは、そのセダンのシャシをベースにクーペやワゴン、バンという形でラインナップを多くしていったのです。

 しかし、時代やユーザーのニーズか変化するとともに、それぞれのボディタイプは個別化され、コンパクトカーやステーションワゴン、ミニバン、SUVの元となるクロスオーバーなどそれぞれの市場が成熟してきています。

 なかでも、扱いやすいボディサイズのコンパクトカーや、友達や家族など大勢で出掛けることのできるミニバンは、人気のジャンルです。

 また、最近では本格的な悪路走破性を持たないもののレジャーなどでの使い勝手の良いSUV市場も盛り上がりを見せています。

 一方でセダンは扱いやすさ、多人数乗車、レジャーでの使い勝手を兼ね備えてないモデルも多いため、近年のニーズには合わないボディタイプとなりつつありました。

 2020年2月現在、国産メーカーが国内市場でラインナップしている数は、トヨタ全10車種、ホンダ全7車種、日産全5車種、スバル全3車種、マツダ全2車種、ダイハツ全1車種となっています。

 スズキは、「キザシ」を2015年に廃止してからセダンがなくなりました。三菱は、日産「フーガ」、「シーマ」のOEM車である「プラウディア」、「ディグニティ」を2016年に販売終了しました。

 また、日産は「ティアナ」を2020年に生産終了する予定です。トヨタは、2019年に「マークII」から続いてきた「マークX」を生産終了し、約50年の歴史に幕を閉じました。

 さらに、トヨタはこれまで4チャネル(トヨタ店・トヨペット店・カローラ店・ネッツ店)で専売していた車種を全店で全車種を取り扱えるようにするとしています。

 これにより、同じクルマでも車名や外観デザインを変えて販売する必要性が無くなったことから、セダンの「アリオン(トヨタ店)」「プレミオ(トヨペット店)」を統合または廃止する可能性も出てきているのです。

 セダンのラインナップについて、自動車メーカーのスタッフは次のように話します。

「現在、国内市場の販売台数は伸びてきてはいますが、売れる車種の傾向は偏りつつあります。そのため、各自動車メーカーはラインナップの整理をおこない、売れる車種を残す方向性になってくると思われます。

 各社で事情は異なるので一概にはいえませんが、各市場のなかでもセダンの縮小傾向が大きいことから最初にラインナップの整理として、手を付けやすいのかもしれません。

 しかし、縮小傾向ながらも50代以上のお客さまからは依然として、セダンのニーズがあるのは確かです。そのため、大きな販売台数は見込めなくてもメリットがある車種に関しては、フルモデルチェンジをおこなっているのだと思います」

※ ※ ※

 最近、発売された新型モデル(フルモデルチェンジ含む)では、2017年7月にトヨタ「カムリ」、2018年6月にトヨタ「センチュリー」と「クラウン」、同年12月にホンダ「インサイト」、2019年5月にマツダ「マツダ3」、同年9月にトヨタ「カローラ」、2020年2月にホンダ「アコード」と相次いで登場。さらに、2019年7月には日産「スカイライン」がビッグマイナーチェンジを遂げ、大幅に刷新されています。

【画像】ミニバンよりセダン派? 魅力的なセダンを見る!(18枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

南野寛子 加藤寛教 小西吉弥 小西奎子 へ返信する コメントをキャンセル

2件のコメント

  1. 記者はセダンが絶販された状況くらい想像できないのかね?
    ミニバンはセダンの増築車で横転のリスクを乗せて走る条件を承認せねばならぬこと
    ミニバンのオラオラ顔とか何を基準に書いたか意味不明な記事、ミニバンで他人を煽る戯など何れも他人を巻き込みながら逝くなら独りで逝けって話なんだけどね。

  2. やっぱりセダンは必要であるッ!各メーカーのセダンの歴年に寄ると、トヨタクラウンが65年、日産スカイラインが63年、トヨタカローラが54年、トヨタセンチュリーが53年、ホンダアコードが44年、トヨタカムリが40年、ホンダレジェンドが35年、日産シーマが32年、トヨタプレミオ&トヨタアリオンが19年、日産フーガが16年、レクサスISが15年、レクサスLSが14年、トヨタカローラアクシオが14年、日産シルフィが8年、マツダ6&マツダ3が1年位。セダンは日本でも輸入し、ドイツ車では、メルセデスベンツ(Sクラス・Eクラス・Cクラス)、BMW(7シリーズ・5シリーズ・3シリーズ)、アウディ、VWパサート、イギリス車では、ロールスロイス、ベントレー、ジャガー、フランス車では、プジョー、アメリカ車では、キャデラック位で、来年の'21年に、ドイツのオペル、韓国のヒュンダイ&キアが日本でも輸入がされる予定です。かつてアメリカ車は多少見掛けないが、日本車は多少となっている。代わりにドイツ車のセダンがどんどん見掛ける事になっているのが明らか。昔のアメリカ車は、性能が良かったが、'80年代から'90年代後半迄は、多少見掛ける事が多少となっている。'30年代~'40年代中盤迄又は'40年代後半~'50年代~'60年代~'70年代~'80年代~'90年代~'00年代~'10年代中盤迄の日本車は、セダンが良く見掛けたが、'80年代から'00年代年中盤になるとピックアップ4WDやRV、ワゴン車が見掛ける事になった。'90年代以降になると、ミニバンやSUV&ドイツ車がどんどん見掛ける事になる。'21年の東京オリンピック&パラリンピックを開催した後に、日本でも5ナンバーセダンの車種を復活したいです。自動車の免許証は、普通自動車免許/準中型自動車免許/中型自動車免許/大型自動車免許は4種類ありますが、、5ナンバーのスモール&コンパクト&セダン&ミニバン&SUV、3ナンバーのセダン&スポーツクーペ&ミニバン&SUV、4ナンバーの軽貨物車&小型貨物車普通貨物車(軽バン&軽トラック/小型バン&小型トラック/普通バン&普通トラック)の普通自動車免許が必要(但し、準中型自動車免許&中型自動車免許&大型自動車免許でも運転可)、3ナンバーセダン&スポーツクーペ&ミニバン&SUV(全長超×全幅超)、2ナンバーの準中型マイクロバス、1ナンバーの準中型貨物車(準中型バン&準中型トラック)は、準中型自動車免許が必要、2ナンバーの中型マイクロバス(全長超×全幅超)、1ナンバーの中型貨物車(全長超×全幅超の中型バン&中型トラック)は、中型自動車免許が必要、3ナンバーセダン(全長超)&ミニバン(全長超)&SUV(全長超)、2ナンバーの大型バス&1ナンバーの大型貨物車(大型バン&大型トラック)は大型自動車免許が必要です。但し、普通自動車免許では、準中型自動車、中型自動車、大型自動車しか運転出来ません。各種自動車免許に従ってそれぞれに注意して下さい、宜しくお願い致します。以上。