ドコモの「GT-R」が時速300キロで爆走!? 5Gのテストカーとして使用される理由とは

国内大手の移動体通信事業者であるNTTドコモは、日本が世界に誇るスーパースポーツの日産「GT-R」を所有しているといいます。なぜ、NTTドコモがGT-Rを持っているのでしょうか。

ドコモカラーのGT-Rが爆走!?

 国産車のなかでも最高峰の走行性能を誇る日産「GT-R」ですが、国内トップの携帯電話シェアを誇るNTTドコモが所有しているというのです。なぜ、NTTドコモはGT-Rを所有しているのでしょうか。

ドコモが所有する日産「GT-R」はドコモカラーといえる白とピンク
ドコモが所有する日産「GT-R」はドコモカラーといえる白とピンク

 GT-Rは、2007年に発売されました。その後、毎年のように改良が施され後発に登場してくるスーパーマシンに引けを取らない性能を保っています。

 対して、NTTドコモは携帯電話などを展開する移動体通信事業者です。スマートフォン通信サービスのなかでも安定した通信を確保できるとして、人気の携帯キャリアです。

 一般社団法人電気通信事業者協会によれば、NTTドコモの携帯電話契約数シェアは、au、ソフトバンクを含めた大手3社のなかで、約45%を誇っています。

 では、そのNTTドコモは何の目的でGT-Rを所有しているのでしょうか。その背景には来たるべき「5G時代」に向けた理由がありました。

 このGT-Rは、5G無線通信の実験車両として使用されています。助手席と後席の一部が外され、通信試験をおこなうための専用機材を搭載し、高速移動中も安定した通信を確保するための実験をおこなっていたのです。

 実験は、茨城県東茨城郡城里町にある、日本自動車研究所の城里テストセンター内の高速周回路で実施されました。

 実験中の最高速度は305km/hに達し、GT-Rの動力性能が存分に発揮されたようです。このとき、GT-Rがおこなったのは超高速移動環境での5G無線通信実験であり、ドコモによれば時速300km/hでの実験に成功したのは、これが世界初の事例だったとのことです。

 また、このGT-Rはレーシングチーム「DOCOMO TEAM DANDELION RACING」による、スペシャルチューニングが施されており、フロントフェンダーやサイドステップが空力を考慮された形状に変更されていました。

 NTTドコモの広報担当者は、このGT-Rについて以下のように話します。

「GT-Rが実験に使われた理由は、300km/hという速度を安定して出せる市販車がGT-Rだったからです。機材を乗せて300km/hを出すとなると、ただ300km/hを出せればいい場合と次元が違います。

 300km/hを市販車で出すというのは困難なようですので、そのためにレーシングチームに協力していただいています。フェンダーの形状変更も、そのためのものです」

※ ※ ※

 GT-Rはドコモのほかにも、世界最大級のガラスメーカーであるAGCが研究する5Gのガラスアンテナの試験にも使われている車両もあります。2020年2月7日から2月8日に開催された、「ヨコスカ×スマートモビリティ・チャレンジ2020」では、ドコモ・AGCのGT-Rが同時出展し、ピンクと青の特別なカラーリングから、会場内でも存在感を放っていました。

 国内最高峰の走行性能を誇るクルマは、そのポテンシャルを活かして企業の研究にも活用されているようです。

【画像】普通のGT-Rと違う!? ドコモの特別モデルを見る!(19枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント