ホンダ新型「フィット」の燃費は? 上位陣が様変わり!? 最新燃費ランキングTOP5

燃費性能はクルマを購入する際に検討される重要な項目です。最近では、従来使われていた「JC08モード」から新たに国際基準となる「WLTCモード」が採用されました。そんなWLTCモードで燃費が良いクルマを紹介します。

新型ヤリスと新型フィット、燃費対決の行方は?

 国土交通省は、定期的に新車として販売されるクルマのWLTCモード(一部JC08モード)を公表しており、最新版を2019年12月2日に発表。その後、同月20日にはトヨタ新型「ヤリス」の詳細情報がアナウンスされました。

 そして、ホンダは2020年2月13日に新型「フィット」の燃費を公表。果たして、新型フィットの燃費はどれほどのものなのでしょうか。TOP5から順に紹介していきます。

エントリーグレードとなる「BASIC」
エントリーグレードとなる「BASIC」

●5位:ホンダ「インサイト」

 ホンダ「インサイト」は、2018年12月14日に発売されました。国内市場には、約4年振りに復活して話題となりました。

 インサイトを復活させる理由について、商品企画を担当する間俊輔氏は、「いまの時代はハイブリッドが当たり前になっています。提供するクルマの本質的な価値をもう一度見直して、時代に合った価値を「インサイト」という名前の意味も含めて提案するのが意図でした」と語っています。

 インサイトの展開グレードは、「LX/EX/EX BLACK STYLE」の3種類。パワートレインは、1.5リッターガソリンエンジン+2モーター(2WD)となり、WLTCモードもっとも良いグレードは、LXの28.4km/Lです。

 車両価格は、332万2000円から369万6000円です。

●4位:トヨタ「カローラ」

 インサイトに続く結果となったのが、2019年9月にフルモデルチェンジを遂げたカローラ(セダン)です。なお、先代モデルの「カローラアクシオ」と「カローラフィールダー」はおもにビジネスモデルとして併売されています。

 カローラに設定されるパワートレインは、1.2リッターと1.8リッターのガソリン車(2WD)と1.8リッターハイブリッド車(2WD/電気式4WD「E-Four」)が設定されています。

 WLTCモードがもっとも良かったグレードは、1.8リッターガソリンエンジンとモーターを組み合わせたハイブリッド車の「S」、「G-X」(ともに2WD)が29.0km/Lを記録。

 カローラの価格は、193万6000円から275万円です。

●3位:ホンダ「フィット」

 新型フィットは、2020年2月13日に発表されました。すでに最大のライバルとされる新型ヤリスの燃費情報が出ていたことから、注目が集まった新型フィットの燃費。

 新型フィットに設定されるパワートレインは、1.3リッターガソリン車(2WD/4WD)と1.5リッターに2モーターを組み合わせたe:HEVといわれるハイブリッド車(2WD/4WD)が設定されています。

 先代モデルでは、1モーターのハイブリッドシステムでしたが、新型モデルでは同社「インサイト」などに搭載する2モーターシステムを小型化、さらに新開発モーターを採用するなど大幅に刷新されました。

 そんな新型フィットの燃費は、ハイブリッドグレード「e:HEV BASIC(FF)」となり、WLTCモードで29.4km/Lを記録しました。

 新型フィットの価格は、ガソリン車「BASIC(FF)」の155万7600円からハイブリッド車「e:HEV LUXE」の253万6600円です。

【比較画像!】新型ヤリスと新型フィット買うならどっち?(29枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント