スズキ新型「ハスラー」はアウトドア感アップ! オールマイティに遊べる軽が進化

2020年1月20日にフルモデルチェンジして発売されたスズキ新型「ハスラー」は、内外装にアウトドアテイストを取り入れ、さらに「遊べる軽」に進化しました。パワートレインも刷新されて生まれ変わった新型ハスラーは、どのようなモデルになったのでしょうか。

アウトドアテイストを取り入れた新型ハスラーの内外装の変化とは?

 軽クロスオーバーSUVのスズキ「ハスラー」は、初代モデルが2014年に登場しました。

 初代モデルは見ただけで心が躍り、あれもコレも積んでみたくなり、どこか遠くへ行きたくなる「遊べる軽」として大ヒット。

 カラーコーディネートやアクセサリー装着で、自分だけの「マイハスラー」を楽しむユーザーも多く、もはやSUVの枠を超えた唯一無二の存在になったといえるでしょう。

スズキ新型「ハスラー」(2020年1月20日フルモデルチェンジ)
スズキ新型「ハスラー」(2020年1月20日フルモデルチェンジ)

 6年の月日を経て2020年1月20日に登場した新型ハスラーは、どこから見てもハスラーだとわかるキャッチーな印象や、ワクワクするようなアクティブな感覚はそのままに、少しオモチャっぽさが控えめになり、大人っぽさや上質感がアップしたというのが第一印象です。

 そして、どちらかといえばコロンとしていたフォルムが、四隅をきっちりと引っ張ったシカクに近くなり、荷室の部分となるCピラーにクォーターガラスを入れるなど、スクエアな印象を強調。まるでジープのようなタフさ、力強さも手に入れたと感じます。

 こうしたデザインの変化は、6年前よりもアウトドアが身近なレジャーとなり、マウンテンジャケットなどを日常的なファッションアイテムとして楽しむことも認知されるなど、アウトドアスタイルが広がってきたことから着想を得たといいます。

 そして新型ハスラーの内装は、一見してわかるほど大きく変身しました。3連のカラーガーニッシュが並ぶインパネなど、初代よりも遊び心が盛りだくさんになっている印象です。

 スタートスイッチを押すと、中央のナビ画面にキュートなハスラーのアニメーションが流れたり、走っている最中にも小さなワクワクをくれる演出もあります。

 そんななかでも、ナビやオーディオの操作や収納の使い勝手・質感ともに向上しているのはさすが、ユーティリティの名手・スズキらしいところ。とくに、運転席と助手席の隙間のフロアに、女性のメイクポーチやA4書類などが余裕で置ける小物トレーがあるのが便利です。

 また、35mm延長したホイールベースを丸ごと室内空間の拡大に充てたというだけあって、大人が4名乗ってもゆったり余裕のスペース。運転席は、ヒップポイントが7mm下がり、上下視界が0.5度改善されていることや、ヘッドクリアランスが29mmアップしたこともあって、さらに開放的に感じます。

 逆に後席はヒップポイントが5mm上がり、フロアが2mm低くなっているので、アップライトな視点で見晴らしがよく、大柄な男性でもラクな姿勢で足がおろせるようになりました。

 足を組んでもまだまだ余る、広い足元スペースにもビックリです。頭まわりの圧迫感が大幅に軽減されていて、ただ座るだけでなく、着替えや休憩、子どもの世話をするときにも快適だろうと感じました。

※ ※ ※

 大量の荷物を積むことが多いラゲッジの使い勝手もアップしました。初代でも好評だった、防汚タイプの後席背面とフロアはそのままに、ラゲッジ側から後席がスライドできるようになったり、ラゲッジアンダーボックスを取り外して洗えたりと、さらにガンガン使えるようになっています。

 ただ1点、ストラップを引きながらおこなう後席スライドの操作がなかなか難しく、もう少し操作性をよくして欲しいと感じました。

 とはいえ、容量、アレンジともに優秀なことには変わりません。アイデア次第で自分の趣味やライフスタイルにぴったりの使い方ができる、アクセサリーも豊富に用意されています。

【画像】2トーンカラーが斬新! 新型ハスラーの内外装をチェック(32枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント