トヨタ「グランエース」に早速キャンパー仕様が登場! ハイエースの牙城を崩せるか

岐阜県に本社のあるトイファクトリーは、2020年1月31日から2月2日まで千葉・幕張メッセで開催されている「ジャパンキャンピングカーショー」で、トヨタ「グランエース」をベースにしたコンセプトモデル「アーバン・キャンパー」を初公開しました。

グランエースをベースにしたキャンパーは2020年5月発売予定

 岐阜県・可児市に本社のあるキャンピングカーメーカー「トイファクトリー」は、トヨタ「グランエース」をベースにしたコンセプトモデル「アーバン・キャンパー」を製作、2020年1月31日から2月2日まで千葉・幕張メッセで開催されている「ジャパンキャンピングカーショー2020」にて初公開しました。

トヨタ・グランエースをベースにしたキャンピングカー「アーバン・キャンパー」
トヨタ・グランエースをベースにしたキャンピングカー「アーバン・キャンパー」

 グランエースは、2019年12月16日に登場したばかりのトヨタの新型高級ワゴン。全長5300mm×全幅1970mm×全高1990mmというワイドなボディサイズを持ち、3列シート6人乗りの「プレミアム」と4列シート8人乗りの「G」の2グレードを用意しています。

 室内長は3290mm、室内幅は1735mmとゆとりのある空間を実現。3列シートの「プレミアム」は、2列目/3列目各2席の4席に専用のエグゼクティブパワーシートを採用。座り心地の良さに加えて、パワースライド機構やパワーリクライニング機構、パワーオットマン、快適温熱シート、格納式テーブルなどを装備しています。

 搭載されるエンジンは、177馬力/450Nmを発生する2.7リッター直列4気筒ディーゼルターボで、WLTCモード燃費は10.0km/Lです。

 今回、トイファクトリーが日本キャンピングカーショー2020で展示した「アーバン・キャンパー」は、このグランエースをベースにしたモデルです。

 グランエースの持つ快適な室内装備はそのままに、新たにポップアップルーフを装備、ルーフ上に大人2人が就寝できるベッドルームを実現しています。

「このモデルはあくまでもコンセプトモデルとして展示していますので、車両価格などは未定となっています。発売次期につきましては、2020年5月初旬以降を予定しています」とトイファクトリー担当者はコメントしました。

 量産モデルでは、フルフラットシートや回転シートを備えるシートレイアウトを展開する予定だといいます。

超豪華!? グランエースのキャンピングカーを画像で見る(21枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

Yahoo!ショッピングで自動車パーツを探す!

最新記事

コメント