いまや「デートカー」は死語!? 昭和・平成・令和で変わった恋人ニーズの変化とは

昭和から平成に掛けて日本中がお祭り騒ぎだった「バブル期」。当時は、クルマを持っていることがステータスともされ、デートの際に必須なアイテムでもありました。しかし、現代では多様化する娯楽や流行によって、クルマは所有しなで借りるものという認識もあります。では、近年の「デートカー」とはどのようなクルマを指すのでしょうか。

令和の現在、デートカーは存在しているのか?

 かつて、バブル期にはクルマを持つことがステータスとされ、若者の間で「デートカー」と呼ばれるクルマが人気を集めた時代がありました。いまでは耳にする機会が減った言葉ですが、古今の若者間ではデートカーの意義は変化したのでしょうか。

デートカーの定番車種だったホンダの3代目「プレリュード」
デートカーの定番車種だったホンダの3代目「プレリュード」

 デートカーとは、1970年代から登場した、スタイリッシュな外観を持つ2ドアクーペを指すといわれています。これらのクーペは外装や内装に工夫があったほか、内装の質が高いという特徴があり、1980年代から1990年代の若者に圧倒的な人気がありました。

 最近の若い世代では「クルマ離れ」が叫ばれており、クルマを持つことがステータスであった頃とは真逆の状態です。しかし、若い女性向けアンケートをみると、いまでもモテる男の条件には「クルマ持ち」という要素が入っています。

 かつてのデートカーで、代表的なのはトヨタ「ソアラ」、ホンダ「プレリュード」、日産「シルビア」の3車種です。

 ソアラは、「クラウン」などのトヨタ上位車種に並ぶクルマとして、1981年に登場しました。デートカーとして人気があったのは、1981年に発売された1代目(Z10型)、1986年に発売された2代目(Z20型)とされています。

 デートカーとしてのソアラを象徴する出来事として、当時は「ソアラに乗っていれば、女子大生から乗せてほしいといわれることがあった」というものがあります。男女どちらの若者にとっても、デートカーといえばソアラと称されるほどの人気があったようです。

 プレリュードは、かつて存在したホンダの販売チャネルである、ホンダベルノのトップモデルとして登場しました。デートカーとして人気があったのは、1982年に発売された2代目(AB/BA型)、1987年に発売された3代目(BA4/BA5/BA7型)とされています。

 プレリュードは、最近ではめっきり減ってしまった「リトラクタブルヘッドライト」を装備し、クルマ全体がスタイリッシュな雰囲気であることから、女性の人気も高かったようです。

 また、プレリュードならではの特徴として、運転席から助手席をリクライニングさせる機能があります。普通のクルマなら助手席のリクライニングレバーはドアのある左側にありますが、プレリュードには右側にもレバーがありました。「運転席から助手席を倒せる」という機能だけで、プレリュードを選んだ人もいたのでしょう。

 いまや走り屋御用達のイメージが強いシルビアの初代モデルは、日産のスペシャリティカーとして1965年に登場。デートカーとして人気があったのは、1988年に発売された5代目(S13型)とされています。

 5代目シルビアは、当時デートカーとして人気の高かったプレリュードの販売台数を上回る約30万台が販売されたほか、グッドデザイン大賞を受賞するなど、歴代シルビアのなかでも圧倒的な人気を誇りました。低いスタイリングやシャープなデザインなどの面から、現代でも高い人気があります。

 また、シルビアはほかのデートカーと比べて長く販売された車種であり、最終型である7代目(S15型)まで、販売期間は37年間にわたります。顧客層は、若者から熟年者まで幅広く、デートカー以外としても、多くの人に愛されていたクルマといえるでしょう。

 近年の若年層はデートカーについてどういった認識を持っているのでしょうか。あるホンダ販売店の若手スタッフは以下のように話します。

「お客さまからさまざまなお問い合わせがありますが、デートカーというのは初めて聞きました。現在、ホンダがラインナップしている車種のなかには、デートカーと呼べるものは無いと思います。ただ、若い方向けですと、N-BOXがおすすめできると思います。家族やカップルでお使いいただけます」

 現在の販売店スタッフの言葉からも、デートカーが現代では一般的ではなくなったことが伺えます。クルマを買う消費者だけではなく、販売店でも世代交代が進んでいるといえるでしょう。

 対して、デートカー全盛期に日産の販売店に務めていた元スタッフは、次のように話します。

「当時は、クルマがモテるための必須アイテムだったこともあり、大々的にデートカーという言葉は使っていませんでしたが、独身男性が来店した際には会話のなかでデートカーという言葉は頻繁に出ていたように思えます。また、他社のデートカーと購入比較されることもありました。

 しかし、2000年代以降はファミリー向けのクルマが人気を博したこともあり、デートカーというポジションのクルマは少なくなったのかもしれません。そのような点からすると、価格帯の安いコンパクトカーは若者のデートに使われる機会が多かったように感じます」

※ ※ ※

 デートカーという言葉自体が消えても、デートをする際にクルマを使う機会は多くあります。その多くは、軽自動車やコンパクトカーというのがいままでの定番だったようですが、最近ではカーシェアリングなどクルマを気軽に借りることができるサービスも広まってきたことにより、所有(ステータス)よりも移動手段のひとつという感覚なのかもしれません。

【画像】当時の彼女はどうだった? 憧れた人も多いバブル期のデートカーをチェック!(15枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 3代目プレリュードとその同時期のレジェンドは本当にカッコ良かった。どちらも当時のエリートサラリーマンの証みたいなところがあって、早くこんなクルマに乗れるようになりたいと思ったものでした。
    今の時代、そんな発想自体古臭くて価値をなさないのでしょうかが。。

  2. 現在55歳。まさにソアラやプレリュードが人気絶頂の頃にを知っているものですが、記事には若干の違和感があり投稿しました。
    当時は「デートカー」等という言葉はありませんでしたね。
    (あったのかもしれませんが、一般的には使われていなかったですよ)

    この記事を書いた方は当時を知らない世代の方なのかな。
    過去のネットの記事などを参考に書いているのでしょうか。
    でも適当なことを書いたらダメですよ。