3列目なんて必要ない! 使い勝手も良かった絶版2列シートミニバン3選

SUVが流行しているとはいっても、日本ではまだミニバンブームが続いています。でも普段は3列シートをたたんでいる人も多いのではないでしょうか。今回はミニバンなのに3列目シートを用意していない「2列シートミニバン」を新旧で3台選んでみました。

かつて一世を風靡した「2列シート専用ミニバン」があった

 日本自動車販売協会連合会が発表する2019年1月から6月の登録車販売状況を見ると、4位に日産「セレナ」、5位にトヨタ「シエンタ」、7位にトヨタ「ヴォクシー」、8位にホンダ「フリード」と、ベスト10のなかにミニバンが4台もランクインしています。

 3列シートを用意し、いざとなれば多人数乗ることができるミニバンはとても便利ですが、普段は3列目を格納しているミニバンユーザーも多いでしょう。

 シエンタやフリードなど、3列目シートを廃したモデルを用意するミニバンもあります。またセレナやトヨタ「ノア/ヴォクシー/エスクァイア」にもモデリスタブランドで2列シート車が設定されています。

 今回紹介するのは、もともと3列目シートを用意していないミニバン、つまり「2列シートミニバン」です。一斉を風靡した国産2列シートミニバンの絶版車3車種を紹介します。

●三菱・初代「RVR」(1991年から1997年)

初代RVRスポーツギア
初代RVRスポーツギア

 現行のRVRは、三菱のコンパクトSUVとして、日本では2010年に登場したモデルです。海外では「ASX」や「アウトランダースポーツ」という車名で販売されています。2019年8月26日にはフロント/リアデザインを一新しました。

 1991年に登場した初代RVRは、現行モデルの「コンパクトSUV」というカテゴリーではなく、まさに「2列ミニバン」でした。

 三菱の3列目ミニバン、2代目「シャリオ」のシャシをショートホイールベース化。全長4290mm×全幅1695mm×全高1625mmのコンパクト&トールボディでした。

 特徴は、後席片側スライドドアを採用したこと。また通常の2+3人乗りに加え、後席が300mmスライドする「ロングスライドシート」を採用した2+2人乗りを用意していました。

 フロント/リアシートともに完全フルフラットを可能にしていたり、スキーなどの長いものも収納できる「リアシートバックフォールド」機能を採用していたりと、当時のRVブームにも乗りヒットしました。

 のちに大型グリルガードを装着してアウトドアの印象を高めた「RVRスポーツギア」も登場、このことも人気に拍車がかかりました。

 1997年には2代目にフルモデルチェンジ、このモデルもリア片側スライドドアやロングスライドシートなど、初代RVRのテイストを色濃く残していましたが、2002年に販売終了。2010年に3代目となる現行RVRが登場するまで、8年のブランクがありました。

名車? 珍車!? 懐かしの「2列シートミニバン」を画像で見る(22枚)

【最大88%オフ】春夏の航空券予約スタート 早いほどお得!

画像ギャラリー

1 2

【NEW】自動車カタログはこちら byくるまのニュース

【ヤフオク!】でクルマのパーツをお得にさがす!

最新記事

コメント