トヨタから20年ぶりのスポーツカーが出た! 東京オートサロン2020の人気車5選

世界最大級のチューニングカー&カスタムカーの祭典「東京オートサロン2020」が、2020年1月10日に開幕しました。800台ものカスタムカーが幕張メッセの会場を埋め尽くす光景は圧巻です。そこで、展示車のなかから、とくに人気があったクルマ5車種をピックアップして紹介します。

総数800台! 世界最大級のカスタムカー祭り

 2020年1月10日から、千葉県の幕張メッセで「東京オートサロン2020」が開催されました。

 1983年に「チューニングカーの市民権を勝ち取る」というコンセプトから、前身の「東京エキサイティングカーショー」として開始。

 1987年からは「東京オートサロン」に改められ、いまではカスタムパーツメーカーやショップだけでなく、国内外の自動車メーカーも出展する一大イベントになりました。

 東京オートサロン2020も800台ものカスタムカーが集結する盛況ぶりです。そこで、展示車のなかから、とくに人気があったクルマ5車種をピックアップして紹介します。

●トヨタ「GRヤリス」

究極のロードカーなのか? 「GRヤリス」
究極のロードカーなのか? 「GRヤリス」

 2020年2月10日に発売予定のトヨタ新型「ヤリス」。その高性能モデルである「GRヤリス」が世界初公開されました。

 2019年に登場した「GRスープラ」に続く、GRモデルの第2弾として登場したGRヤリスは、TOYOTA GAZOO Racingが世界ラリー選手権で学び・鍛えた知見を惜しみなく投入したモデルです。

 GRヤリスは、新型ヤリスをベースにしていますが、ヤリスが5ドアなのに対しGRヤリスは3ドアとなっており、とくにリアの形状は大きく異なり、迫力あるフォルムとなっています。

 エンジンはGRヤリス専用に新開発された、1.6リッター直列3気筒ガソリンターボを搭載。最高出力272馬力の大パワーを絞り出し、これに6速MTが組み合わされ、ドライブトレーンはトヨタとして20年ぶりのスポーツ4WDシステムが採用されました。

 内装のデザインは、インパネ形状など基本的な部分は標準モデルのヤリスと共通となっていますが、専用のハンドルやスピードメーター、専用シートなど、随所でGRらしさを演出。

 発売については、GRヤリスの1stエディションの予約受注が2020年1月10日から6月30日まで専用サイトにて受け付けられます。

 また、1stエディションには2グレードあり、価格(消費税込、以下同様)は、特別仕様車「RZ“First Edition”」が396万円、特別仕様車「RZ“High-performance・First Edition”」が456万円です。

 GRヤリスのデリバリーは2020年の夏頃を予定となっています。

●ホンダ「S2000」(ホンダアクセス)

パーツの市販がある!「S2000」
パーツの市販がある!「S2000」

 ホンダの純正アクセサリーを手掛けるホンダアクセスが、「S2000」のカスタムカー「S2000 20th Anniversary Prototype(S2000 20th アニバーサリー プロトタイプ)」を世界初披露しました。

 今回、出展されたS2000 20th アニバーサリー プロトタイプは、2019年にS2000が生誕20周年を迎えたことを記念して、ホンダアクセスが新たに開発した各種アイテムが装着されているプロトタイプモデルとなっています。

 装着されているパーツは、大開口エアロバンパーやダックテール、リアストレーキといったエアロパーツのほか、サスペンション、オーディオリッドなども含まれます。

 S2000は250馬力を発揮する2リッター直列4気筒自然吸気エンジンを搭載したオープンFRスポーツで、ホンダの創業50周年記念事業のひとつとして1999年に発売されました。

 2005年のマイナーチェンジで排気量が2.2リッターにアップし、パワーと扱いやすさの両立が図られ、その後、2009年まで販売されました。

 このコンセプトモデルは、さらにブラッシュアップしての発売を予定しており、詳細は2月20日に発表される予定です。

●日産「スカイライン 400R」

LAテイストの「スカイライン 400R」
LAテイストの「スカイライン 400R」

 2019年9月にビッグマイナーチェンジした新型「スカイライン」のカスタムカーが、東京オートサロン2020で初公開されました。

 日産が初公開したスカイラインのカスタムカーは2種類あり、1台が「スカイライン デラックス アドバンスド コンセプト」です。

 このスカイラインは、ボディカラーをマットブラウンとマットシルバーの2トーンカラーとし、スカイライン伝統の「サーフィンライン」をイメージしたカラーリングを施したラグジュアリーなイメージです。

 そしてもう1台のカスタムカーが「スカイライン 400R スプリント コンセプト」です。

 エンジンは3リッターV型6気筒ツインターボを搭載し、スカイライン史上最強の405馬力を発生する「400R」をベースとし、よりスポーティに仕立てたモデルです。

 外装は、新デザインのフロントバンパーやリアバンパー、リアスポイラーに加え、20インチの鍛造ホイールを装備。

 さらに、ホワイトシルバーとマットブラックをベースに、フローセントグリーンのアクセントを配し、圧倒的なエンジン出力と極限まで追求した走りのポテンシャルを表現しています。

【画像】驚愕の高性能車や究極のVIPカーを見る

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント