ホンダ新型「S660」がついにお披露目! 内外装と装備がグレードアップ!?

ホンダは千葉県、幕張メッセで開催中のカスタムカーの祭典、東京オートサロン2020で新型「S660」を初公開。内外装の意匠変更と装備の充実が図られたといいますが、一体どこが変わったのでしょうか。

ホンダ「S660」の2020年モデルがデビュー

 ホンダの2シーターオープンスポーツカー「S660」がマイナーチェンジし、「東京オートサロン2020」で初公開されました。内外装の意匠変更と装備の充実が図られたといいますが、一体どこが変わったのでしょうか。

内外装がブラッシュアップされた新型「S660」
内外装がブラッシュアップされた新型「S660」

 2015年3月に発売されたS660は、軽自動車という枠のなかで「見て楽しい、乗って楽しい、あらゆる場面でいつでもワクワクする、心が昂ぶる本格スポーツカー」を追求したモデルです。

 2019年末には受注が一旦停止されましたが、同時に2020年モデルが東京オートサロン2020で発表されるとアナウンスされていました。

 そして、満を持して新型S660が発表され、今回のマイナーチェンジでは、内外装のグレードアップが図られています。

 外装ではフロントウインドウまわりのフレームがボディ同色となり、ウインカー内蔵ドアミラーに変更。ホイールのデザインも一新されています。

 ほかにもヘッドライトとテールランプ類のカラー変更と、フロントグリルのデザイン変更があります。

 内装ではシートやパネルの意匠変更と、「α」グレードではシートヒーターが装備できるようになり、ハンドルのグリップとシフトノブががアルカンターラ製になっています。

 新型S660について、ホンダの商品ブランド部 青山氏は次のようにコメントしました。

「新型S660はデザインの深化をおこない、より高品位に生まれ変わっています。各部の意匠変更に加えて、国内で初採用となる『アクティブグリーン・パール』のボディ色と、S660で初採用の『アラバスターシルバー・メタリック』の2色を追加しました。」

※ ※ ※

 S660は「ロールトップ」(脱着式ソフトトップ)で手軽にオープンエアドライブが楽しめるボディでありながら、前後重量配分45:55という理想的なバランスとなっており、軽自動車のサイズでもMRの運動性能を最大限に引き出したピュアスポーツカーとなっています。

 搭載されるエンジンは、専用のターボチャージャーを採用した直列3気筒ターボエンジンで64馬力を発揮し、優れたレスポンスを実現。トランスミッションは6速MTとCVTが選択可能です。

 また、運動性能を向上させるため、軽自動車初となるハンドリング支援システム「アジャイルハンドリングアシスト」を採用しています。

 新型S660の価格(すべて消費税込)は「β」が203万1700円、「α」が232万1000円、「S660 Modulo X」が304万2600円で、発売は2020年1月10日、Modulo Xが1月31日となっています。

ホンダ S660 の詳細を見る

【画像】ホンダ新型「S660」を速攻チェック!

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

【ヤフオク!】でクルマのパーツをお得にさがす!

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. この色はちょっと派手だけど、発売が楽しみ。