冬は極寒、夏は灼熱…エアコンやラジオも無い!? 超ストイックな車3選

現在のクルマは快適装備や安全装備が充実して、長時間のドライブをサポートしてくれます。しかし、かつては走るためだけに生まれたようなクルマが存在。そこで、快適なドライブとはいいがたい超ストイックなクルマを3車種ピックアップして紹介します。

走るためには快適装備なんて必要なし!

 近年、クルマは大きく進化しました。とくに快適装備や安全装備の充実は目を見張るほどです。

日本にもストイックすぎるクルマがあった
日本にもストイックすぎるクルマがあった

 いまでは軽自動車でも標準でエアコンやパワーステアリングが装備されるのは常識で、先進安全装備やクルーズコントロールも標準化が進んでいます。

 一方で、かつてはレーシングカーのように走ることの性能に特化して、快適装備をまったく付けないクルマがありました。

 そこで、走ることにストイックなほどこだわったクルマを3車種ピックアップして紹介します。

●日産「フェアレディZ432R」

現存数はわずか数台といわれる日産「フェアレディZ432R」
現存数はわずか数台といわれる日産「フェアレディZ432R」

 1969年に発売された初代日産「フェアレディZ」には、初代「スカイラインGT-R」と同じエンジンを搭載した高性能版の「フェアレディZ432」をラインナップしていました。

 フェアレディZ432に搭載されたエンジンは最高出力160馬力を発揮する2リッター直列6気筒DOHC24バルブのS20型で、このエンジンは「4バルブ・3キャブレター・2カムシャフト」だったため、「432」と名付けられたということです。

 そして、このフェアレディZ432には、軽量化を施した競技専用のベース車「フェアレディZ432R」が存在。

 フェアレディZ432Rはフロントウインドウ以外の窓がすべてガラスからアクリルに換えられ、内装ではラジオやヒーターはおろか、時計も省略されています。

 始動するための鍵はシフトレバーの後方にあるため、ハンドルロックも付いていません。当然、車体の下回りのアンダーコートもなく、音や熱は容赦なく室内に侵入してきます。

 FRP製のボンネットの下にあるエンジンにはエアクリーナーボックスが無いため、キャブレターのファンネルもむき出しの状態で、公道を走ることを想定していませんでした。

 こうした手法によってベース車両に対して100kg以上も軽量化されています。

 なお、フェアレディZ432Rは、レース車のベースとして一般のユーザーには販売しなかったはずですが、なぜか数十台が流通してしまったようです。

 現存数は10台にも満たないといわれていますので、旧車イベント以外で見かけることは、まずありません。

●ケータハム「セブン」

公道を走るフォーミュラーカーといわれるケータハム「セブン」
公道を走るフォーミュラーカーといわれるケータハム「セブン」

 イギリスを代表する、レーシングカーおよびスポーツカーメーカーがロータスです。

 ロータスを創業した故コーリン・チャップマンは天才的な技術者で、もともとは裏庭で自らレーシングカーを作ってレースに出るという「バックヤードビルダー」から会社を興し、1950年代にF1へ参戦するほどの成功を収めます。

 レースに出る傍らで、市販車(キットカー)の製造もおこなっていたロータスは、傑作といわれた「セブン」を1957年に発表します。

 セブンは古典的なロングノーズ・ショートデッキのスポーツカーで、ドライバーは後輪軸付近に着座するレイアウトでした。

 このセブンは大ヒットを記録して1973年の「シリーズ4」まで生産が続きます。そしてセブンの製造権と販売権を引き継いだケータハムによって作られた「シリーズ3」セブンの進化系が、現在のケータハム「セブン」です。

 ロータスのころからエンジンやサスペンション、ブレーキは大きく進化していますが、装備自体はほとんど変わらず、ヒーターは基本的にオプション扱いで、廉価グレードではフロントウインドウもありませんでした。

 グレードはエンジンの仕様で異なり、トップのモデルでは最高出力310馬力のエンジンを搭載しながら、車重はわずか545kgと、完全にレーシングカーの領域です。

 セブンはドライバーをサポートする電子装備もなく、速く走るにはドライバーの技量に委ねられるピュアスポーツカーとして、いまも世界中で高い人気を誇っています。

 そして、2014年にはスズキ製の660ccエンジンを搭載した「セブン160」を発売。日本で軽自動車登録できるセブンとして、大いに話題となりました。

【画像】超激レア! 数台しかない日産「フェアレディZ432R」の貴重な姿を見る(12枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント