スズキ新旧「ハスラー」は何が違う? 外見よりも中身が大幅改良された進化ポイントとは

スズキ「ハスラー」がフルモデルチェンジした2020年1月20日に発売されます。一見するとあまり変わっていないように見える新型ハスラーですが、どこが進化したのでしょうか。

キープコンセプトの新型ハスラーだけど大きく進化?

 スズキ「ハスラー」のフルモデルチェンジが、2019年12月24日に発表されました。2014年1月の発売以来、ワゴンとSUVが融合したスタイルが人気を集めたハスラーは、どのようなモデルになるのでしょうか。新型モデルと従来型モデルを比べてみます。

左:新型ハスラー/右:従来型ハスラー
左:新型ハスラー/右:従来型ハスラー

 新型ハスラーのデザインは従来型モデルからのコンセプトを引き継いでおり、あまり変更がなさそうに見えるのですが、細かな部分が大きく進化しています。

 従来型モデルは、室内の広い軽ワゴンとSUVを融合させた新ジャンルとしてデビューしましたが、新型は、トレンドやライフスタイルの変化に対応しながら、新しい楽しさやワクワク感のあるモデルに生まれ変わりました。

 最近では、アウトドア用のアイテムやウェアを日常的に身に着けるスタイルが定着していることから、新型ハスラーでは、これまで以上にアウトドア感を強めたスタイルを取り入れています。

 外観のデザインは、ボンネットフードやバックドアが直線的になり、スズキのクロスカントリーモデル「ジムニー」のようなタフなイメージが与えられたようにも見えます。

 フロントマスクには、ハスラーの特徴ともいえる丸目のヘッドランプを採用。また、従来型では台形だったフロントグリルが、新型では細長い長方形に変更されました。これにより、ヘッドランプの存在感が強調され、よりいっそう愛嬌のある表情になっています。さらに、アンダーガードの形状も変更されました。

 外観デザインの変更では、ボディ後方にクォーターガラスが追加されて6ライトのキャビンになったこともあげられます。

 加えて、従来型モデルではピラーがブラックでしたが、新型ハスラーではボディ同色とすることで、力強く頑丈さをアピールするスタイルを実現しました。

 新型ハスラーのボディカラーは、気分を盛り上げる「ワクワクカラー」と、力強い印象の「アウトドアカラー」が設定されました。ワクワクするカラーでは、新色の「バーミリオンオレンジ」を設定。アウトドアカラーでは、デニムの風合いを表現した「デニムブルー」が新たに追加されています。

 また、ツートーンカラーも用意されていますが、従来型モデルではルーフ部のみが別カラーとなっていたところ、新型ではルーフとクウォーターガラスとリアガラスの周囲までを同色とすることで、個性的なデザインとしました。

新旧ハスラーどこが変わった? 詳細画像で比較(39枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント