【使い勝手最強!?】売れ筋の最新ミニバン&ワゴン人気車5選

SUV人気が続くなかでも、根強い人気を誇るのがミニバンとコンパクトカーです。年末年始は人や荷物を満載して出かけるケースが多く、活躍の機会も増えそうです。そこで、特にニーズが高いコンパクトサイズのミニバンとワゴン5車種を紹介します。

販売台数でSUVを大きく上回るクルマとは

 相次ぐ新型車の投入など、SUV人気はとどまることを知りません。しかし、販売台数の面でいうとSUVはトップというわけではないようです。

販売台数は巻き返しなるか!? SUVテイストの「フリード クロスター」
販売台数は巻き返しなるか!? SUVテイストの「フリード クロスター」

 主流はやはりコンパクトカーやミニバンで、なかでも5ナンバーサイズに収まるクルマが多い傾向です。

 そこで、売れ続けている人気ジャンルである、コンパクトサイズのミニバンとトールワゴンのなかから5車種をピックアップして紹介します。

●トヨタ「シエンタ」

ミニバン初の販売台数ランキング1位を獲得した「シエンタ」
ミニバン初の販売台数ランキング1位を獲得した「シエンタ」

 トヨタ「シエンタ」は2003年に登場したコンパクトサイズのミニバンで、現行型は2015年に発売された2代目にあたります。

 歌舞伎の隈取(くまどり)を思わせるフロントマスクや、特徴的なサイドウインドウのデザインなど、デビュー当初は賛否両論ありましたが、2019年8月と9月はミニバンとしては史上初めて新車販売台数ランキング月間1位を記録。

 2019年上半期(1月から6月)の統計でも堂々の5位にランクインするなど、ミニバントップの座に君臨する人気モデルです。

 ボディは全長4260mm×全幅1695mm×全高1675mm(2WD車)というコンパクトなサイズで、細い路地でも運転しやすく、最小回転半径は5.2mと駐車場などでの取り回しも良好です。

 また、各ガラスの面積が広く視界が良いのも特徴のひとつで、ミニバンといえばボディが大きく、死角も大きくて運転が大変そうなイメージがありますが、シエンタには当てはまりません。

 コンパクトなボディながら居住空間も広く取られ、3列目シートでも実用に耐えうるスペースを確保。また、ユーザーのニーズに応え、2列シート車もラインナップされています。

 搭載されるパワーユニットは、1.5リッター直列4気筒のガソリンエンジンとハイブリッドの2種で、ガソリンモデルでも燃費は20.2km/L(JC08/2WD車)と、高水準を達成しています。

 シエンタの価格(消費税込、以下同様)は185万200円からです。

●ホンダ「フリード」

マイナーチェンジで心機一転の「フリード」
マイナーチェンジで心機一転の「フリード」

 新車販売台数ランキングで常にシエンタと競い合っているがホンダ「フリード」です。

 2019年上半期の統計で8位と十分以上に売れていますが、直近はシエンタに差を付けられてしまいました。2019年10月にフリードもマイナーチェンジを実施し、同時にSUVテイストの「フリード クロスター」がラインナップされたので、これからの巻き返しが期待されています。

 ボディサイズは全長4265mm×全幅1695mm×全高1710mm(2WD車)と、全長はシエンタより5mmだけ大きく、全高35mmほど高いですが、室内高は5mmの差で、ほぼ互角といっていいでしょう。最小回転半径も5.2mと一緒です。

 搭載されるパワーユニットは、1.5リッター直列4気筒のガソリンエンジンとハイブリッドをラインナップし、やはりシエンタと同じです。ただし、フリードはハイブリッドでも4WDが選択できます。

 グレード構成は3列シート車に6名乗りと7名乗りがあり、2列シート車の「フリード+(プラス)」も用意されています。

 サイズ感や仕様でライバル関係にあるシエンタとフリードですが、大きく異なるのは3列目シートの扱いです。

 2列目シート下に格納できる利便性追求型のシエンタに対し、フリードはラゲッジの両サイドに跳ね上げで格納するタイプで、シエンタのシートは薄く幅も狭めなため、快適性ではフリードに軍配が上がります。

 フリードの価格は199万7600円からとなっています。

【画像】SUVに負けないぞ! 人気のコンパクトミニバン&ワゴンを見る(23枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント