【SUV戦国時代到来?】トヨタ新型「RAV4」と日産「エクストレイル」を徹底比較!

日産「エクストレイル」は、2013年の発売から堅調な販売台数を記録。対して、トヨタ「RAV4」は2019年4月に約3年ぶりの復活を遂げた結果、国内SUVで好調な販売台数となっています。アクティブなユーザーをターゲットにする2台にはどのような違いがあるのでしょうか。

世界でも人気のベストセラーSUV対決!

 2019年4月にトヨタの新型「RAV4」が約3年ぶりに復活を果たしました。それまで、ミドルサイズSUVとして好調だった日産「エクストレイル」を販売台数で追い抜き、RAV4はSUV市場で人気モデルになっています。

 復活したRAV4と長年ミドルサイズSUVで売れ筋だったエクストレイルには、どのような違いがあるのでしょうか。

復活したRAV4と堅調なエクストレイル
復活したRAV4と堅調なエクストレイル

 両車のボディサイズは、RAV4がグレードにより異なり全長4600mmから4610mm×全幅1855mmから1865mm×全高1685mmから1690mmです。最低地上高もガソリン車が190mmから200mm、ハイブリッド車は190mm。最小回転半径は5.5mから5.7mとなっています。

 対するエクストレイルもグレードやエアロ仕様により異なります。全長4690mmから4710mm×全幅1820mm×全高1730mmから1740mm。最低地上高もガソリン車が205mm、ハイブリッド車は200mm。最小回転半径は5.6mです。

 若干エクストレイルの方が長く背の高いサイズ感となっています。

 パワートレインの違いでは、RAV4が2リッターガソリン車と2.5リッターガソリンとモーターを組み合わせたハイブリッド車を設定。

 エクストレイルは、2リッターガソリン車と同じ2リッターをモーターと組み合わせたハイブリッド車がラインナップされています。

 また、オフロード性能を特徴とする両車の4WDシステムでは、双方の方向性がうかがえます。

 RAV4には3タイプの四駆システムが採用されました。ひとつは「ダイナミックトルク4WD」という従来型の電子制御式前後トルクスプリット型のシステムです。

 ふたつめは「E-Four」という前後2つのモーターを使ったハイブリッド4WD。そして3つ目が、世界初のメカニズムを採用した「ダイナミックトルクベクタリングAWD」(アドベンチャーとG Zパッケージに装備)です。

 この世界初の4WDシステムは、4WD統合制御「AIM」によって、各輪の駆動力、4WDへの切り替え、ブレーキ、ステアリングを自動でコントロールします。

 さらに「ランドクルーザー」などに採用されている走行モードを変更できる「マルチテレインセレクト」によって、特別なオフロードテクニックを有さずとも、マッド(泥)、サンド(砂)、ロック(岩)、ダート(砂利道)をスムーズに走破することができるのです。

 対するエクストレイルには、「インテリジェント 4×4」が採用されています。これは、あらゆる路面に対応する電子制御4WDシステムとして、アクセルを踏むと同時に各種センサーの情報から、4WDコンピュータが走行状況に応じて前後トルク配分を100:0から約50:50に切り替えて、滑りやすい路面でも 安定した走りを実現し、燃費の向上にも貢献します。

 また、エクストレイルには3代目モデル登場当時に世界初の技術として採用された「インテリジェント ライドコントロール(車体振動抑制システム)」が搭載されています。

 車体の上下動を予測し、駆動力とブレーキを制御することで不整路などでの車体振動を低減。微細な振動から大きな揺れまでさまざまな起伏に対応し、乗り心地と安心感を向上させるものです。

※ ※ ※

 RAV4の販売が好調な理由として、トヨタの販売店スタッフは次のように話します。

「これまでSUV新車市場をけん引してきたのは、C-HRやヴェゼルなどのスタイリッシュな都会派クロスオーバーのコンパクトSUVでした。

 対して、RAV4はミドルサイズSUVで、デザインもワイルド系です。機能面では世界初の4WDシステムを採用するなど、これまで売れ筋だった都会派コンパクトSUVとは方向性が異なるモデルです。

 また、この3車種の価格帯も大きく販売台数に影響しています。C-HRとヴェゼルの価格帯は約230万円から約300万円です。対してRAV4は、ひとつ上のセグメントですが約260万円から約380万円となり、C-HRとヴェゼルの上級グレードを検討すると、RAV4は比較対象になりやすくなることと、方向性の違う新しいSUVという点などが、売れている要因といえます」

 対してエクストレイルを販売する日産の販売店スタッフは、次のように話します。

「2019年4月に、新型RAV4の登場がメディアで報じられたあたりから、動きが鈍くなってきた感じがあります。エクストレイルは2013年の発売から6年目となるいまも、高級感のある落ち着いたデザインと優れたオン・オフ性能で、販売は順調でした。

 日産の全車種のなかでも、『ノート』『セレナ』とともに、エクストレイルは常に好調だったのですが、新型RAV4という選択肢が増えたことで、ユーザーの目がトヨタに移ってしまったことは否めないと思います」

不動の1位「エクストレイル」がなぜ苦戦? 復活の「RAV4」と画像で比較!

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント