【動画】純正よりも格好良く! ホンダ「ヴェゼル Modulo X」とはどんなクルマ?

ホンダのカスタマイズコンプリートカー「ヴェゼル Modulo X」が、2019年11月29日に発売されました。さっそく動画で紹介します。

ヴェゼル Modulo Xは標準モデルと何が違う?

 ホンダ「ヴェゼル」をベースに専用カスタムパーツを装着した「ヴェゼル Modulo X」が2019年11月29日に発売されました。さっそく動画で紹介します。

「ヴェゼルのModuloXはどこがスゴい?」を動画でチェック

 ヴェゼル Modulo Xは、純正カスタムパーツでトータルチューンされた、コンプリートカーです。カスタムパーツをただ単に装着するのではなく、それぞれを組み合わせてさらに性能が上がるようにセッティングをするため、パーツ単体では達成できなかった高い性能を実現しています。

 具体的には、デザイン性と空力性能とを両立させた専用エアロパーツ、専用のサスペンションとアルミホイール、専用フロントスポーツシートを装着します。また各パーツはクルマの量産過程で装着され、一台のコンプリートカーとして販売されます。

 ヴェゼル Modulo Xのデザインは、通常のヴェゼルと比べ、力強いフロントフェイスでフロントバンパーの形状は「X」をイメージさせるデザインで、SUVらしい力強さを表現。そのほか専用の大型スポイラーやロアガーニッシュなど装着しています。

 性能面では、欧州のプレミアムSUVのB、Cセグメントを凌駕することを目標に開発されました。走行性能の向上というと、スポーツ走行時などで効果を実感するイメージがありますが、Modulo Xでは、そのような硬いサスやローダウンは目指していないといいます。

 Modulo Xが目指したものは、どんな道、どんなドライバーでも安定した走行ができる性能です。一般道や高速道路、ワインディング、路面の荒れた道など日常の走行シーンで、また運転に慣れないドライバーであっても、より快適で楽に運転ができる性能を目標としています。

 ヴェゼル Modulo Xの空力パーツについて、開発担当者は次のように述べています。

「一般道には、一般道の空力があります。クルマには走行中に窓の外に少しだけ手を出してみると、一般道であっても、かなり強い風圧を受けると思います。これだけ大きな力がかかっているので、空力は走行性能に大きく関わっています」

フェイスデザインが大幅に変更されたヴェゼル Modulo X

 ホンダの純正ブランド「Modulo」は、1994年にホイールのブランドとして出発後、エアロパーツやサスペンションなどを手掛けてきました。これらの制作の知見を活かし、2013年に純正コンプリートカーシリーズである「Modulo X」を立ち上げました。

 Modulo Xはこれまでに「N-BOX」「N-ONE」「ステップワゴン」「フリード」「S660」の計5機種を発売しており、今回のヴェゼルはシリーズ初の4WD車です。とくに降雪地方でModulo Xの4WD車にニーズがあったといいます。

 ベース車であるヴェゼルには「RS」「ツーリング」といったスポーティな走りを重視したグレードがすでにありますが、あえて走りに特化したカスタムカーをラインナップする意図について、前出の担当者は次のように説明しています。

「コンパクトSUVの購入者に、どのような点を重視して購入したか調査したところ、近年では安全性能に対するニーズが高まっていました。

 同時に、乗り心地の良さや回りやすさといった走行性能についてのニーズも高まってきていました。Modulo Xでは、スポーツ性とデザイン性をさらにとんがらせて、唯一無二の存在にしたいと考えました」

※ ※ ※

 ヴェゼル Modulo Xは、先進安全技術「ホンダセンシング」が標準装備されます。

 車両価格(消費税込)は、1.5リッターガソリンターボエンジンを搭載したのFF車が352万8800円、ハイブリッド仕様のFF車が346万7200円、ハイブリッドの4WD車が361万7900円です。

 同じパーツを装着した場合の工賃を含めた金額よりもお買い得感をもたせた金額感だといいます。

【画像】超カッコイイ! ヴェゼル Modulo Xを細かくチェック!

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント