ホンダ「S2000」が復活!? まさかの東京オートサロン2020でお披露目へ

ホンダアクセスが、2020年1月10日から12日に幕張メッセで開催される東京オートサロン2020の出展概要を明らかにしました。「S2000」の誕生20周年を記念した「S2000 20th Anniversary Prototype(S2000 20th アニバーサリー プロトタイプ)」が出展されます。

「S2000」生誕20周年記念で何が起きる!?

 ホンダの純正用品を提供するホンダアクセスは、2020年1月10日から12日に千葉県の幕張メッセで開催される「東京オートサロン2020」で、「S2000 20th Anniversary Prototype(S2000 20th アニバーサリー プロトタイプ)」を出展すると発表しました。

 2019年時点でホンダが最後に開発したFRスポーツとして知られるS2000は、2020年にどのようなかたちで“復活”するのでしょうか。

S2000 20th Anniversary Prototype(S2000 20th アニバーサリー プロトタイプ)
S2000 20th Anniversary Prototype(S2000 20th アニバーサリー プロトタイプ)

 ホンダアクセスが出展するS2000 20th アニバーサリー プロトタイプは、2019年に誕生20周年を迎えたS2000を祝して、ホンダアクセスが開発したS2000用の各種アイテムを提案するモデルとなります。

 新たに開発されたエアロバンパー、サスペンション、オーディオリッドなどの20周年記念アイテムは、ユーザーの声も反映されており、これからも“世代をつなぐ”S2000に乗り続けてもらうためのアイテムに仕上がっているということです。

 ホンダアクセスブースには、ほかにもさまざまな車両が出展されます。

・CIVIC CYBER NIGHT JAPAN CRUISER 2020(シビック サイバー ナイト ジャパン クルーザー ニーマルニーマル)

「シビックタイプR(GF-EK9型)」をベースとした“世代をつなぐ”クルマです。

 ターゲットは現代の若者に再設定され、過去のシビックが持つハッチバックシルエットや、身近な存在感をそのままに、近未来とアングラが入り乱れたネオジャパンに映えるモダナイズを施したモデルとなっています。

 熱いレースシーンからフィールドを移し、夜の街をクールに駆け抜けるイメージに改められました。

・KACHATTO-WAGON(カチャットワゴン)

「ステップワゴン」をベースとした、超フラットフロアと自在な車内レイアウト機能を備えた多目的スロープ車の提案モデルです。

 バイク、車椅子など、なんでも“カチャっと”載せてお出かけすることができ、のりもの好き親子三世代をつなぐ、使って楽しいクルマに仕上げられています。

・AIBOU(アイボウ)

 未来の子供たちへ向けた、自分の世界を広げ、家族や友だちとの“こころ”をつなぐ、新しい移動のワクワクを持つのりものです。

※ ※ ※

 ホンダアクセスは、東京オートサロン2020の出展テーマに「乗り物で人と人とがつながる」を掲げていて、“世代をつなぐ”、“生活をつなぐ”、“こころをつなぐ“乗りものをコンセプトモデルというかたちにして展示をおこないます。

 ブースはメリーゴーラウンドをイメージし、カーライフの楽しさとわくわく感を表現しています。出展場所は、ホール9(北ホール)です。

まさかの復活!? ホンダ「S2000」の画像などを見る(15枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント