トラックみたいなキャンピングカーは普通免許で運転できる? 運転不可の場合も存在する訳

アウトドアブームもあって、キャンピングカーを購入したり、レンタカーで借りる人が増えています。ただキャンピングカーといっても、軽自動車からマイクロバスを改造したような大きな車種まで、いろいろな種類があります。そのような大きなキャンピングカーは普通免許で運転することができるのでしょうか。

マイクロバスのキャンピングカーも普通免許で運転できる?

 アウトドアブームもあって、キャンピングカーを購入したり、レンタカーで借りる人が増えています。

 軽自動車のようなコンパクトなモデルから、バスを改造したような大型モデルまで、いろいろな種類がありますが、大型のキャンピングカーは普通免許で運転できるのでしょうか。

大型キャンピングカーは普通免許で運転可能なのか?
大型キャンピングカーは普通免許で運転可能なのか?

 キャンピングカーは、おもに「自走式」と「けん引式」のふたつに分かれます。

 自走式キャンピングカーで代表的なのが、トヨタ「カムロード」に代表される、トラックをベースに、運転席部分(キャブ)を残して後部を住居スペースにコンバージョン(改造・改装)した「キャブコン」です。

 一方、トヨタの「ハイエース」や日産の「キャラバン」などの商用バンをコンバージョンしたタイプが「バンコン」と呼ばれるタイプ。

 さらには、軽乗用車ベースのコンパクトな「軽キャンパー」や、マイクロバスをベースにした「バスコン」まで、キャンピングカーにも実にさまざまな車種があります。

 日本でキャンピングカーとして普及しているのは、これらの自走式のキャンピングカーですが、欧米ではけん引式の「トレーラー」タイプも広く利用されています。トレーラータイプは、もちろん日本で購できます。

 キャンピングカーの運転は、普通自動車の免許を持っていれば可能です。意外なことに、トレーラータイプであっても、重量が750kg以下であれば特別な免許を取得する必要はありません(けん引専用の装置は必要)。

 大きなバスコンも、マイクロバスの状態だと乗車定員が10人を超えるため、本来なら中型免許が必要ですが、キャンピングカー用に10人以下に改造することで、やはり普通免許で運転ができるのです。

 というのも、普通免許が運転可能なクルマの適用範囲は、車両総重量と乗車定員で規定されているからです。

 2019年12月現在、普通免許で運転可能なクルマの規定は、車両総重量3.5t未満、乗車定員10人以下。この条件を満たしていれば、普通免許でOKなのです。

【画像】ベンツも車中泊仕様に! さまざまなキャンピングカーをチェック

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

Yahoo!ショッピングで自動車パーツを探す!

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. マイクロバスと言うとトヨタのコースターやら日産のシビリアンだけど、これら車両重量だけで3.5t前後なので新普通免許は厳しいね。
    燃料(満タン計測に油脂別の比重)と定員にキャンピングカーの架装を加えた総重量だと前普通免許でも厳しいくらいだろ
    基本はハイエースの4ナンバー辺りまでと考えておくとよいね。