黄色のホンダ「NSX」出た! 2020年モデルに初代イメージの新色「インディイエロー・パールII」追加

ホンダは、「NSX」2020年モデルの受注を開始しました。今回、ボディカラーに新色「インディイエロー・パールII」を追加し、力強いスタイルを実現しました。

初代NSXのイエローが時代とともに進化

 ホンダのスーパースポーツ「NSX」2020年モデルの受注が、2019年12月5日より開始されました。発売は2020年4月の予定で、価格(消費税込)は、2420万円です。

ホンダ「NSX」2020年モデル(インディイエロー・パールII)
ホンダ「NSX」2020年モデル(インディイエロー・パールII)

 2016年に発表されたNSX(2代目)は、初代モデルが提案したコンセプトである「人間中心のスーパースポーツ」を継承しながら、ホンダ独自の電動化技術である3モーターハイブリッドシステム「SPORT HYBRID SH-AWD」を搭載しました。

 今回登場したNSX 2020年モデルは、ボディカラーに新色「インディイエロー・パールII」を追加しました。この新色は、2018年モデルのボディカラーとして追加設定された「サーマルオレンジ・パール」に続くエキサイティングカラーシリーズの第2弾となります。

 インディイエロー・パールIIは、初代NSXのインディイエロー・パールにインスピレーションを受けながら、クリアで鮮やかな発色へ進化。

 スーパーカーとしての佇まいと力強い存在感を表現するとともに、NSXの世界観や所有する喜びを感じさせるスタイルとしています。

 インディイエロー・パールIIの追加について、NSX開発責任者の水上 聡氏は次のようにコメントしています。

「過去から現在にわたるNSXファンの皆様が心ときめく色をラインナップに加えたいという想いを込めて、新色のイエローを専用開発しました。

 ホンダの大切なスポーツヘリテージをリバイバルさせることで、時を超えて、大切にしてくださるお客さまとともに、また新しい思い出を作っていけたらと考えています」

※ ※ ※

 インディイエロー・パールIIをまとったNSX 2020年モデルは、2020年1月10日から12日まで幕張メッセ(千葉県千葉市)で開催される「東京オートサロン2020」のホンダブースにて展示される予定です。

【画像】NSX 2020年モデルにイエロー登場! 初代モデルの色とはどう違う?

【格安航空券・早いほどお得!】春休みの予定はもう決めた?

画像ギャラリー

最新記事

コメント