スズキ「クロスビー」の強力なライバル!? 200万円台前半のVW限定車「cross up!」が今年も登場

フォルクスワーゲン グループジャパンは、Aセグメントコンパクトカー「up!(アップ!)」に、専用パーツを採用してSUVルックに仕上げたクロスオーバータイプの「cross up!(クロスアップ!)」を500台限定で発売します。

「b」のマークでおなじみの「beats」サウンドシステムを標準装備

 フォルクスワーゲン グループジャパンは、人気のスモールカー「up!(アップ!)」に、専用パーツや安全装備を採用してSUVルックにしたクロスオーバータイプの限定車「cross up!(クロスアップ!)」を発表、2019年12月3日から500台限定で発売しました。

 車両価格は216万9000円(消費税込)で、ボディカラーは3色限定です。

フォルクスワーゲン「cross up!」(欧州仕様)
フォルクスワーゲン「cross up!」(欧州仕様)

 今回導入する限定車「クロスアップ!」は、2017年/2018年に続いて3度めの導入となりますが、2018年導入モデルで好評だった安全装備や快適装備、SUVルックなスタイリングに加えて、2019年のモデルは、若年層を中心に人気の高い「beats sound system」を標準装備としています。

 beats sound systemは、300W、8チャンネルのパワーアンプにデジタルプロセッサを搭載。6個のスピーカーとサブウーハーの計7個のハイエンドスピーカーをレイアウトすることで、低音から高音まで良いサウンドを楽しめます。

 そのほかにも、上級モデル「high up!(ハイアップ!)」でも人気の装備、「パークディスタンスコントロール」や「オプティカルパーキングシステム」、さらにリアビューカメラ「リアアシスト」も標準装備としています。

 またVW純正インフォテイメントシステム「コンポジション フォン」やスマートフォンホルダーなどに加え、フルオートエアコン、シートヒーター、クルーズコントロールなどの快適装備も標準設定されています。

 ボディカラーはコスタアズールメタリック/ハニーイエローメタリック/トルネードレッドの3色です。

※ ※ ※

 クロスアップ!は全長3625mm×全幅1650mm×全高1520mm、ホイールベース2420mmのAセグメント・クロスオーバーモデルです。乗車定員は4名となります。

 搭載するエンジンはアップ!と同じ、75馬力/95Nmを発生する1リッター直列3気筒。JC08モード燃費は21.0km/Lです。

 日本でのライバルは、全長3760mm×全幅1670mm×全高1705mmのスズキ「クロスビー」や、全長3700mm×全幅1660mm×全高1595mmのスズキ「イグニス」になります。

今回も完売必至! 500台限定の「cross up!」を画像で見る(15枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント