3列シートのSUVや2WDのジムニーがあった!? スズキの珍車・迷車5選

オートバイの製造から始まり、現在は軽自動車と小型車を中心に販売しているスズキは、これまで数多くの名車を世に送り出しました。しかし、なかには販売状況が残念な結果に終わったモデルも存在。そこで、スズキの歴代モデルのなかから、レアな迷車を5車種ピックアップして紹介します。

コンセプトは間違っていなかったのに売れなかったスズキ車たち

 スズキは、1920年(大正9年)に鈴木式織機株式会社として設立され、1952年に自転車の補助エンジンとして発売した「パワーフリー号」から輸送機械メーカーに転身。

現行車のなかでも希代の珍車といえる「バレーノ」
現行車のなかでも希代の珍車といえる「バレーノ」

 そして、1955年発売の軽自動車「スズライト」から4輪自動車製造が始まりました。現在では軽自動車と小型車を主に製造しており、軽自動車のシェアは3割にもなります。

 これまでスズキは、数々の名車を世に送り出してきましたが、一方で販売台数が低迷した残念なモデルも存在。

 そこで、スズキの歴代モデルのなかから、レアな迷車を5車種ピックアップして紹介します。

●グランドエスクード

3列シートSUVの「グランドエスクード」は出るのが早すぎた?
3列シートSUVの「グランドエスクード」は出るのが早すぎた?

 30年もの歴史があるスズキのミドルクラスSUV「エスクード」は、グローバルモデルとして国内外で人気のクルマでした。

 現行モデルではモノコックシャシを採用し、本格4WDからクロスオーバーSUVに近くなりましたが、他社のSUV戦略に対して苦戦が続いている状況です。

 そして、このエスクードに、かつて3列シート7人乗りの派生車があったことは、あまり知られていません。

 2000年に発売された「グランドエスクード」は、2代目エスクードをベースに全長を485mm延ばした4575mmのロングボディとし、室内は3列シートを採用した7人乗りのSUVです。

 エンジンは新開発の2.7リッターV型6気筒DOHCエンジンを搭載。セレクト式のパートタイム4WDシステムと、高剛性ラダーフレームによって、雪道や未舗装路など悪路の走破性能の高さも兼ね備えていました。

 しかし、販売台数は低迷し、2003年のマイナーチェンジでフロントフェイスの変更などテコ入れされましたが、2005年に生産を終了し、後継車はありませんでした。

 ちなみに、発売時の価格(消費税5%込)は241万2900円と、3列シートのSUVとしてはかなり安価に設定されていました。

●ジムニー L/ジムニーJ2

左が「ジムニー L」で右が「ジムニーJ2」どちらも激レア車
左が「ジムニー L」で右が「ジムニーJ2」どちらも激レア車

「ジムニー」といえば、軽自動車ながら本格的なクロスカントリー4WD車という、現在では唯一無二の存在です。

 2018年には、じつに20年ぶりとなるフルモデルチェンジがおこなわれ、2019年11月時点でも納車待ちが1年近くと、高い人気を誇っています。

 先代ジムニーは20年間も販売していたこともあり、多くの限定車、特別仕様車がありましたが、とくにユニークだったのがジムニーなのに2WD車が販売されていたことです。

 先代ジムニーの2WDは2種類あって、1台は2000年に発売された「ジムニー L」で、もう1台は2001年に発売された「ジムニーJ2」です。どちらもフロントデフが無く、駆動方式はFRとなっていました。

 ジムニー Lは、パッと見は4WDのジムニーとの違いはわかりません。装備は上級グレードとほぼ同じで、ルーフレールは装備しておらず、カラーリングは専用のパールホワイトのみです。

 そして、ジムニーJ2は専用のボンネットフード、フォグランプ内蔵の専用フロントバンパー、メッシュタイプの専用フロントグリルを採用し、さらに15インチタイヤの装着などにより35mm車高が下げられています。

 この2車は4WDが不要な地域の女性ユーザーがターゲットで、とくにジムニーJ2はカジュアルなカラーリングが施されていました。

 なお、どちらのモデルとも短命に終わり、中古車市場でも非常にレアなクルマです。

●スプラッシュ

手頃な価格ながら残念な結果となった「スプラッシュ」
手頃な価格ながら残念な結果となった「スプラッシュ」

 現在のスズキのラインナップには「スイフト」「イグニス」「クロスビー」などのコンパクトカーがありますが、2008年から2014年まで、スタイリッシュな「スプラッシュ」というモデルがありました。

 スプラッシュはハンガリーにある子会社のマジャールスズキ社で生産され、欧州などにも展開したグローバルカーでもあり、日本ではスズキ初の自社ブランドの輸入車でした。

 Aセグメントのコンパクトなボディながら5名乗車で、6つエアバッグと、リアシートにも3名分のヘッドレストと3点式シートベルトが装備されるなど、クラス標準以上に安全装備が充実。

 エンジンは1.2リッター直列4気筒を搭載し、トランスミッションはCVTのみの1グレードでした。

 個性的なスタイルや内装のデザイン、欧州で走行テストを繰り返した軽快なハンドリングと乗り心地が特徴でしたが、日本ではスイフトと競合したためか販売は低迷。

 さらに、初の輸入車ということでメーカーオプションが数少なく、装備のアップグレードが難しかったことも、販売低迷の一因ともいわれています。

 欧州テイストのコンパクトカーとして評価は高かったものの、ユーザーには伝わらず、現在は同ポジションをイグニスが引き継ぎました。

街中で見かけたら超ラッキー!? スズキの珍車・迷車を画像で見る!(全21枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント