超カッコイイ! Modulo Xシリーズにホンダ「ヴェゼル」が追加へ

専用のカスタマイズパーツを量産過程で装着し、販売するコンプリートカーブランド「Modulo X」シリーズにホンダのコンパクトSUV「ヴェゼル」が新たに加わって、2019年11月29日に発売します。

ヴェゼル Modulo Xを発売!

 ホンダは、コンプリートカーブランド「Modulo X」シリーズの最新モデルとして、人気のコンパクトSUV「ヴェゼル Modulo X」を2019年11月29日より発売します。

東京モーターショー2019のオープンロードに展示されていた「ヴェゼル Modulo X」
東京モーターショー2019のオープンロードに展示されていた「ヴェゼル Modulo X」

 Modulo Xとは、さまざまな路面環境で「思い描いたラインへ、クルマが反応してくれる」運転本来の楽しさを幅広いユーザーに感じさせることを目指し、熟練のエンジニアが人の感覚にこだわり、チューニングを施したコンプリートモデルです。

 洗練されたデザインと広い荷室や室内空間で、幅広い層のユーザーから好評なヴェゼルのガソリンモデル「TOURING・Honda SENSING」と、ハイブリッドモデル「HYBRID RS・Honda SENSING」をベースとしています。

 また、Modulo Xシリーズでは初となる4WD車は、「HYBRID Z・Honda SENSING」をベースとし、スポーティで上質なデザインと走行性能を追求しました。

 外観デザインは、ブラックを基調としたModulo Xらしい存在感を表現するため、専用フロントグリルや専用エアロバンパー、専用LEDフォグライトを採用。

 リア周りに採用した専用エアロバンパーと専用エアロロアーガーニッシュは、走行性能のパフォーマンス向上にも寄与しています。

 ボディカラーは、プレミアムクリスタルブルー・メタリック、プラチナホワイト・パール、プレミアムクリスタルレッド・メタリック、クリスタルブラック・パールの全4色です。

 内装デザインは、Modulo Xシリーズでは初めて、専用フロントスポーツシート(専用フレーム/シートヒーター機能付き)を採用。後部座席も専用素材を使っています。

 サイドや座面を専用形状にすることで、スポーティで上質な乗り心地だけでなく、ロングドライブにおいてドライバーと助手席の同乗者の疲労軽減にも貢献。

 走行性能は、Moduloブランドが培ってきた「上質でしなやかな走り」を実現するために、専用サスペンションや、空力特性を考慮したエアロパーツにより、直進・旋回において安心感のあるフラットな乗り味を追求しました。
 
 さらに、乗り味に影響するホイールでは、2WD車に専用18インチアルミホイール、4WD車には専用17インチアルミホイールを採用しています。

 価格(消費税込)は、「TOURING Modulo X(CVT/2WD)」が352万8800円、「HYBRID Modulo X Honda SENSING(7速DCT/2WD)」は346万7200円、「HYBRID Modulo X Honda SENSING(7速DCT/4WD)」が361万7900円です。

ヴェゼルと何が違う? Modulo Xを画像で詳しく見る!

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント