およそ2000万円オーバー!! アストンマーティンDBXがついに降臨!

アストンマーティン「DBX」が日本での発表に先駆け、中国北京で発表されました。アストン初となるSUVモデルであるDBXは、どのようなクルマなのでしょうか。

アストンマーティンらしいスポーティでエレガントな外観

 2019年11月20日、中国北京にてアストンマーティン初のSUVとなる「DBX」を発表しました。2015年から開発が始まったDBXは、一体どんな姿なのでしょうか。

アストンマーティンDBX
アストンマーティンDBX

 すでに偽装したDBXの写真は公開されていましたが、ついにその姿が明らかになりました。まず、その外観から見ていきましょう。
 
 DBXのエクステリアは、アストンマーティン・スポーツカーのエレガンスをSUVの世界に取り入れ、徹底的にデザインが練り込まれています。
 
 DBXのエクステリア・デザインは、一目でそれがアストンマーティンのクルマであることが分かります。
 
 たとえば、フロントエンドの象徴的な「DB」グリルから、彫刻的な曲面を描くサイドパネル、フィーチャー・ライン、「ヴァンテージ」からインスピレーションを得たフリップ付きテールゲートといった具合です。
 
 フレームレス・ドアは、サイドガラスのシールが巧みに隠され、Bピラー・フィニッシャーといった美しいディテールが、エレガントで自信に満ちたスタイルを演出しています。
 
 また、スリムなドアシル・エリアにより、豪華なキャビンへの乗降性が改善している一方で、ドレスやスーツの裾が汚れるリスクを低減しています。
 
 エアロダイナミクスは設計の段階から重要視されていました。
 
 DBXのフロントには、デイタイム・ランニングライトに統合された空力ダクトが設置され、フロントホイール・アーチとサイドパネルに沿ってエアを送り、ブレーキを冷却しながら抗力と揚力の両方を削減しています。
 
 車両上方のエアは、ルーフの上、リア・ウイング、リア・ウィンドウ、リア・フラップへと綺麗に流れます。このユニークなアプローチとデザインにより、リア・ウィンドウがほかのSUVとは比較にならないほどクリーンな状態に保つことができます。

 次にインテリアを見てみましょう。DBXの豪華なハンドクラフト・インテリアは、前席/後席のどちらでも、広いスペースと快適性を提供するように設計されました。
 
 クラス最高レベルの広さを持つヘッドルームとレッグルームは、フルレングスのガラス・パノラマルーフとフレームレス・ドアガラスと組み合わされ、明るく広々としたキャビン環境を提供します。
 
 前席にはスポーツカーのシート・パッケージが採用され、並外れたサポート性とロングドライブにおける快適性が保たれ、さらに後席乗員用の膝と足元の追加スペースも確保されています。

 シート表皮には、長年のパートナーである“Bridge of Weir Leather”から調達した最高級フルグレイン・レザーが採用されています。
 
 ヘッドライニングと電動ルーフ・ブラインドは、どちらも業界初の豪華なアルカンターラ仕上げが施されており、ヘッドルームを損なうことなく調和の取れたデザインと遮光性が両立されています。

 インテリアでの最注目は、エレガントなブリッジタイプのセンター・コンソールです。このコンソールは、下部の収納スペースと美しい造形が特徴です。
 
 また、モダンなウッドパネル、複合材、金属パネルなど、オーナーの好みに従って、インテリアをさまざまな組み合わせに変更することも可能です。
 
 これには、革新的な各種素材と、80%のウールで作られたファブリックといった業界初の試みの素材もあります。最高級の亜麻と同じ植物から得られた新しい複合材は、カーボンファイバーの代わりに使用され、独特の美学を表現しています。

 これらの装飾パネルに囲まれたディスプレイには、最先端のテクノロジーが採用されています。センターコンソールには10.25インチのTFTスクリーンが収まり、12.3インチの巨大なTFTスクリーンは豊富な情報をドライバーに提供します。また、Apple CarPlayに加え、360°カメラシステムと、ふたつのゾーンで64種類のカラーを提供するアンビエント・ライトも標準装備されています。

アストンマーティンDBXのすべてを見る!(38枚)

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント