トヨタが電動化を加速!新型「RAV4 PHV」世界初公開! 日本導入は2020年夏

トヨタの大ヒットSUV「RAV4」にプラグインハイブリッドが登場。2019年11月23日から開催のロサンゼルスオートショーにおいて世界初公開され、2020年の夏に日本で発売予定となっています。

トヨタ「RAV4」のPHVがワールドプレミア

 トヨタは、米国で2019年11月23日から開催のロサンゼルスオートショーにおいて、「RAV4」のプラグインハイブリッド車である「RAV4 Prime」(米国車名・米国仕様)を世界初披露すると発表。

 RAV4のPHVは、米国および日本では2020年夏、欧州では2020年後半の発売を予定しています。

大人気SUVのトヨタ「RAV4」にプラグインハイブリッドが追加
大人気SUVのトヨタ「RAV4」にプラグインハイブリッドが追加

 RAV4 Primeは、RAV4の基本性能をベースに、さらなる「Fun to Drive」を追求して開発されたRAV4の新しいモデルです。

 パワートレインには、新開発のプラグインハイブリッドシステム(以下PHV)を採用し、米国でクラストップレベルの加速性能を始めとするパワフルな走行を可能としています。

 また、電動車ならではの運転の楽しさに加えて、EV航続距離をはじめとする優れた環境性能も両立させたといいます。

 パワートレインはRAV4のハイブリッド車と同様の2.5リッターエンジンを搭載しながら、新開発の大容量リチウムイオン電池やモーターの大容量化をはじめ、高出力を可能にする新たなプラグインハイブリッドシステムを採用。

 システム出力はRAV4ハイブリッド車を約84馬力も上まわるクラストップレベルの306馬力を達成。加速性能は時速0-60マイル(0-96km/h)加速において、5.8秒とRAV4のハイブリッド車より2秒短縮するなど、パワフルな走行を実現しています。

 PHVならではのEV航続距離は39マイル(約62km)、燃費性能は90マイル/ガロンを達成し、また「プリウスPHV」と同様の「ヒートポンプオートエアコン」をRAV4 Prime向けに最適化して高効率な電力消費を実現するなど、高い環境性能も実現しています。

 内外装もブラッシュされており、外観においては専用ミッドグリルとロアバンパーを採用。メッシュグリルでスポーティさを際立たせ、ピアノブラックのアクセントで高級感を高めています。

 また、19インチ専用アルミホイールに大径タイヤを設定し、SUVらしい力強さと安定感を表現。

 内装では、視認性を高めるヘッドアップディスプレイや、大型9インチディスプレイオーディオをRAV4として初採用し、スポーティな走行を支援するパドルシフトも設定しています。

超絶パワフルになった新型トヨタ「RAV4」プラグインハイブリッドの画像を見る(9枚)

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

最新記事

コメント