トヨタ「ハリアー」はなぜ販売堅調? 新型「RAV4」の影に埋もれない理由とは

トヨタには、異なるコンセプトのSUVが多数ラインナップされています。なかでも、「C-HR」「RAV4」「ランドクルーザーシリーズ」は売れ筋モデルといえ、さらに2019年11月にはエントリーSUVとして「ライズ」が追加されました。一方で、「ハリアー」は同社や競合他社にSUVが増えていることから、最近では影が薄い存在といえますが、販売面では堅調のようです。なぜ、ハリアーは支持され続けるのでしょうか。

新型RAV4に負けないハリアーの魅力とは

 国内のSUV市場で好調な販売台数を稼いでいるのがトヨタの新型「RAV4」です。一度は、国内市場から撤退したものの、約3年ぶりに復活を果たすと破竹の勢いで売れているモデルとなります。

 一方、同じトヨタのミドルサイズSUVには「ハリアー」が存在しますが、RAV4の登場に影響されず販売は堅調だといいます。なぜ同社内での影響が少ないのでしょうか。

競合SUVが相次いで登場するなかで販売堅調なトヨタ「ハリアー」
競合SUVが相次いで登場するなかで販売堅調なトヨタ「ハリアー」

 これまでの国内SUV市場では、同じトヨタのコンパクトSUV「C-HR」が販売台数ランキングで首位を獲得することが多く、それをホンダのコンパクトSUV「ヴェゼル」が追いかけるという状態が続いていました。

 しかし、2019年4月に新型RAV4が登場して以降は、C-HRとヴェゼルを追い抜きミドルサイズSUVのRAV4がSUV市場で首位に立っています。

 実際に発売翌月の5月には月間6817台(登録車7位)を売り上げて国内のSUV新車市場で月間販売1位を獲得。6月には7822台(登録車11位)、7月は8646台(登録車10位)、8月で6277台と販売台数を確実に伸ばしています。

 従来、新型モデルの発売当初は事前の予約受注などの影響もあり、販売台数が伸びる傾向にあります。しかし、最初の2か月ほどで欲しいユーザーにはある程度行き渡ることから、その後の販売台数は落ち込むことが多いです。

 しかし、トヨタは同年11月7日に発表した中間決算で、過去最高の売上高と純利益を上げたと発表しましたが、RAV4がこれに貢献していることは間違いなさそうです。

 現在、トヨタの国内SUVラインナップは、「ライズ」、「C-HR」、「RAV4」、「ハリアー」、「ランドクルーザープラド」、「ランドクルーザー」となっています。

 それぞれコンセプトが異なるモデルですが、ボディサイズで比べると新型RAV4(最大全長4610mm×全幅1865mm×全高1690mm)と、ハリアー(最大全長4725mm×全幅1835mm×全高1690mm)が似ています。

 RAV4は、高い走行性能やオフロード感などをコンセプトにしている一方で、ハリアーは上質な高級感のあるSUVをテーマとしていました。

 現行ハリアーは、2013年12月に登場しており、現在までに安全面や走行面などの改良やデザイン部分に手を加えたマイナーチェンジを何度かおこなっています。

 RAV4とハリアーの違いについて、トヨタの販売店スタッフは次のように話します。

「元々、RAV4はネッツ店とカローラ店、ハリアーはトヨペット店で取り扱いという販売面での違いがありました。ただ、東京都内では2019年4月から、全国では2020年5月を目処に全店舗で全トヨタ車を扱うことになっているので、今後はその違いが無くなります。

 実際にクルマ自体は、2019年に登場した最新モデルと、改良しているとはいえ2013年モデルではそもそものベースが違いますので、あまり比較対象とされているお客さまはいないと思われます。

 あえて比較するのであれば、RAV4は『遊び心あるやんちゃな子』、ハリアーは『上品なお坊ちゃん』という感じでしょうか。

 ただ、好みの問題とはいえ、安定してハリアーが売れていることから上質なSUVを求めるお客さまは一定の数いらっしゃるのは確かだと思います」

 また、別のトヨペット店のスタッフは、ハリアーについて次のように話します。

「ハリアーを検討されるお客さまのなかには、単純に新しい物を好まれるというよりも、質感にこだわる人が多いように思えます。

 過去に、『クラウン』からハリアーに乗り換えられたお客さまは、ミニバンが必要になるほど人や荷物を載せず、コンパクトカーよりは楽な移動ができて、それなりに歳に合ったクルマとして選ばれたようです」

※ ※ ※

 2013年のデビュー時に、月販目標台数を2500台と設定していました。その後、2019年1月から10月時点の月間販売台数を平均すると3296台です。

 一方、新型RAV4の同時期では、6174台と、新車効果や他社から新しいSUVモデルが登場していることを加味すると、ハリアーは人気を保っているといえます。

 年配のユーザーにとっては、落ち着いた雰囲気のセダンに代わるクルマとしてハリアーが支持されているのかもしれません。

【画像】新型SUVに負けない「ハリアー」をチェック!(20枚)

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

最新記事

コメント