元祖SUV風モデル!? スバルの歴代クロスオーバーワゴン3選

スバルといえば水平対向エンジン+4WDですが、なかでもステーションワゴンとの組み合わせは、長い歴史があります。そこで、歴代スバル車のなかから、SUV的なステーションワゴンを3車種ピックアップして紹介します。

スバルのクロスオーバーワゴンは「働くクルマ」から始まった

 スバルの自動車生産は、1958年発売の「スバル360」から始まりました。そして、1966年発売の「スバル1000」で、初の水平対向エンジンを採用し、その後水平対向エンジン+4WDというスバルの確固たるブランドを確立。

 現在では「シンメトリカルAWD」という4WDシステムが世界の市場で高い評価を獲得しています。

 なかでもスバルの4WDステーションワゴン(以下、ワゴン)は、いまのクロスオーバーSUVの先駆け的存在で、長い歴史があります。

 そこで、歴代スバル車のなかから、4WDワゴンを3車種ピックアップして紹介します。

●レオーネ

初代「レオーネ」の頃は悪路走破性をアピールしていた
初代「レオーネ」の頃は悪路走破性をアピールしていた

 スバル1000から始まった水平対向エンジンですが、これにパートタイム4WDシステムを組み合わせた初のモデルが、1971年に製作されたスバル「ff-1・1300Gバン4WD」です。
     
 このff-1・1300Gバン4WDは、当時、東北電力から冬場の豪雪地帯での設備保守用に、乗用車タイプの4WD車が必要というリクエストにより作られたといいます。
     
 そして、1971年には新世代モデルとして「レオーネ」が登場。セダンを基本として、クーペとライトバンをラインナップし、全車FFでのデビューでした。
     
 1972年にはライトバンの「エステートバン」に4WD車を設定。ここから正式にスバルの4WDワゴンの系譜が始まります。
     
 1982年に2代目レオーネのラインナップに5ナンバーのワゴン「ツーリングワゴン」が追加され、「レガシィ」へと続くクロスオーバー4WDワゴンシリーズが誕生。
     
 スバルの水平対向エンジン+4WDというパワートレインを確立したレオーネですが、1989年に初代レガシィと1992年に初代「インプレッサ」がデビューすると、レオーネは1994年に生産を終了しました。
     
 ツーリングワゴンの系譜は、レガシィとインプレッサによって引き継がれます。

●レガシィ グランドワゴン

クロスオーバーワゴンの先駆け的存在の「レガシィ グランドワゴン」
クロスオーバーワゴンの先駆け的存在の「レガシィ グランドワゴン」

 1989年に初代レガシィがセダンとワゴンのラインナップでデビューすると、スキーブームという背景もあり、ヒット作となりました。

 とくに、高性能エンジンを搭載した4WD車のツーリングワゴンは、高速道路での安定した走りと雪道などの悪路走破性能、大容量の荷室を有することでオールマイティに使えるワゴンとして、高い評価を得ます。

 そして、1993年に発売された2代目レガシィは、初代からのキープコンセプトとしながら、動力性能や走行性能を向上。

 1995年にはツーリングワゴンをベースに最低地上高を上げ、外装をSUVのような意匠としたクロスオーバーワゴンの「レガシィ グランドワゴン」を追加ラインナップします。

 アウトドア志向を強調しながら、本格的なクロスカントリー4WDよりも高速走行性能に優れ、これまでにないジャンルのワゴンとなっていました。

 とくに北米市場で「アウトバック」の名で販売されると、大ヒットを記録し、北米でのスバルブランドの地位を高めることに貢献。

 レガシィ グランドワゴンはクロスオーバーワゴンというジャンルを確立した先駆者として、他メーカーに大きな影響を与えました。

一時代を築いた往年のスバル4WDワゴンを画像でチェック(11枚)

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

1 2

最新記事