運転免許更新時に加入をオススメされる「交通安全協会」って何? 加入するメリットとは

運転免許を更新する際、更新料とは別に「交通安全協会」への加入を勧められることがあります。免許を発行している「公安委員会」と別組織である交通安全協会とは、どのような活動をしているのでしょうか。

意外と知らない!? 交通安全協会はどんな活動をしている?

 免許更新時に、免許センターの窓口で「交通安全協会」への加入を勧められることがあります。

 加入は任意なので、加入するかしないかは個人の判断に任せられていますが、地域によっては事前の告知もなく、半分義務のような形で加入させられるケースもあるようです。交通安全協会とはどのようなものなのでしょうか。

交通安全協会が手がける免許更新時の交通教本
交通安全協会が手がける免許更新時の交通教本

 交通安全協会は、都道府県ごとに設置される「交通安全協会」と、それを取りまとめる全国組織の「全日本交通安全協会」から構成される非営利団体です。

 主に交通安全の啓蒙・広報活動や、交通安全講習会の開催、交通安全に関するポスターやキャンペーンの「のぼり」などを作成しており、免許更新時におこなわれる更新時講習や違反者が受ける講習に使用される「安全運転のしおり」や「交通教本」などのテキスト製作も手がけています。

 また一般的な免許保有者には馴染みが薄いのですが、交通事故の相談や、道路使用に関する「道路適正化業務担当責任者研修会」や、二輪車の安全教育指導者を育成する「二輪特別指導員養成講習会」といった、クルマやバイク関連業務の責任者や指導員の育成もおこなっています。

 最近では、急増している自転車による交通事故を踏まえて、新たに「自転車会員」の加入を呼びかけたり、損害保険会社と提携して「自転車の任意保険」への加入を推奨する活動もしているといいます。

 交通安全協会に加入するときには、次回の免許更新までの期間の会費(交通安全活動協力金)を事前に払うことになります。

 金額は各地域の交通安全協会によりバラつきがありますが、全国で一番安い沖縄県では一律1000円です。ゴールド免許であれば有効期限が5年なので年間200円となります。

 全国平均では年間300円から700円といったところですが、加入する場合は地域ごとに確認したいところです。

 交通安全活動協力金は、交通安全協会の活動財源として、交通安全運動の推進や飲酒運転根絶対策の推進、幼稚園や小学校の園児児童に対する交通安全指導、交通安全功労者・優良運転者等の表彰などに使用されています。

「交通安全協会」ってなんぞ? 加入するメリットは? 画像で確認!

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 先ずは優良ドライバーの免許歴に運転歴を加えるべきだし警察署の片隅に陣取る協会は即刻廃止すべきだろ
    協会に加盟しなければ更新の写真は持参とか?それはそれで警察署周囲に寄生してる写真屋はあるしね。
    今度は祭壇規格の写真でも持参したろか?!
    協会に誘導すべく警察自体の更新ハガキにも持参する写真の規格は分かりやすく記載されてないしね。
    今の世の中は長期出張や単身赴任も珍しくないのに住居を本拠とした管轄の免許センターや警察でなきゃ更新ができないのも天下り着弾先を耕すためなのかね?
    陸運局の継続車検なら全国で受験できるのにね。
    高齢者の事故もこいつら警察の堕落した制度が埋めた地雷なのに芸能人を使った免許返納促進なんて警察の火消しパフォーマンスでしかないだろうに

  2. ヤフーニュースから消した理由なんですか?