トヨタ新型「グランエース」は620万円から! アルヴェルとは違う道を行く送迎需要の行方とは

トヨタは「ハイエース」の豪華仕様ともいえる新型「グランエース」を2019年内に発売するとアナウンスしていました。今回、その発売日やグレード展開が判明しましたが、どのようなモデルとして登場するのでしょうか。

新型グランエース、11月25日に発売か

 トヨタは、「ハイエース」の豪華仕様ともいえる新型「グランエース」を2019年内に発売すると同年10月8日にアナウンスし、実車を東京モーターショー2019のトヨタ車体ブースに展示していました。

 今回、正式な発売日やグレード・価格が判明したといいますが、実際にはどのようなモデルなのでしょうか。

送迎需要の増加を背景に国内導入された新型「グランエース」
送迎需要の増加を背景に国内導入された新型「グランエース」

 新型グランエースは、海外ですでに発表されている新型ハイエースの高級版となる「グランビア(オーストラリア)」「マジェスティ(タイ)」の日本仕様として国内導入されます。ボディサイズは、全長5300mm×全幅1970mm×全高1990mm、ホイールベース3210mmです。

 オーストラリアの現地価格(豪ドル)では、標準モデルの6人乗りが約460万円、8人乗りが約474万円、上級モデルVXが6人乗りと8人乗りともに約547万円という価格でした。

 一方、東京モーターショー2019のアナウンス時には、新型グランエースのグレード展開や価格などは明らかにされていませんでしたが、11月14日現在ではすでに予約受注が開始されているといいます。問い合わせた販売店によると、発表・発売日は2019年11月25日となり、車両本体価格は、「Gグレード」が620万円、「Premiumグレード」が650万円のという2グレード展開です。

 Gグレードは、4列シート車(8人乗り)となり、2列目はオットマン仕様、3列目が独立シート、4列目は折りたたみ式シートとなっています。一方のPremiumグレードは、3列目シート車(6人乗り)の設定となり、2列目・3列目はオットマン仕様のシートです。

 ボディカラーはのパールホワイト、シルバーメタリック、グレーメタリック、ブラックという全4色展開となり、メーカーオプションとして寒冷地仕様の設定があるといいます。

 新型グランエースを取り扱う販売店スタッフは、次のように話します。

「新型グランエースの予約受注はすでに始まっており、発売日は11月25日です。受注状況は、まだそこまで多くはありません。発売前ということもあり、カタログが届くのが発売日以降なうえ、実車も年明け頃に入ってくる予定となります。

 現時点で、新型グランエースの生産開始が2020年1月6日を予定しているそうですので、納車時期として3月から4月を見込んでいます」

豪華な内外装が魅力! トヨタ新型「グランエース」がハンパない!画像でチェック

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. 台湾に先日遊びに行ってきた。この手の車の乗用としての「(プレミアみたいな使い方ではなく)本来の」使われ方がよくわかる。観光地に、VW・メルセデス・ヒュンダイなんかの似たようなサイズの車がゴロゴロ走っていた。現地のような使い方が日本に無いのであれば、日本で量は期待できない。
    例えば、外国人の日本を訪れる回数が複数回になると、1グループ当たりの人数が減る。そんなときの輸送に適していると思う。大型バスより小回りが可能で、アルベルよりスペースに余裕がある。

  2. アルファード系は、格納すれば跳ね上げだから邪魔、座るにはペナペナで、本当に申し訳程度のサードシートだが、グランエースなら申し分ないだろう。アルファード系は、トルク不足からか再加速に不満があるのだろう。追い越し車線を猛スピードで駆け抜けるしかないという問題がある。このエンジンがアルファード系にも採用されないかと願うところである。(クラウンの2l ターボでもいいが)

  3. 4WDがないので、需要は限定的でしょう。