総額ウン十億円のマクラーレンが集結! マクラーレン・トラックデイ・ジャパン2019は大人の社交場だった

2019年11月3日、富士スピードウェイにて「マクラーレン・トラックデイ・ジャパン2019」が開催されました。集結したマクラーレンの総数は107台。充実したホスピタリティのイベントは、どのようなものだったのでしょうか。

マクラーレンの英国流おもてなしトラックデイ

 マクラーレンは、2013年からオーナー向けイベント「マクラーレン・トラックデイ・ジャパン」を開催しています。今年は2019年11月3日に富士スピードウェイにて開催され、イベント史上最多の107台のマクラーレンとそのオーナーたちが集まりました。

公式イベントとしては初めて、「セナGTR」「720GT3」「570S GT4」が一同に集まった
公式イベントとしては初めて、「セナGTR」「720GT3」「570S GT4」が一同に集まった

 マクラーレンは、2013年からオーナー向けイベント「マクラーレン・トラックデイ・ジャパン」を開催しています。今年は2019年11月3日に富士スピードウェイにて開催され、イベント史上最多の107台のマクラーレンとそのオーナーたちが集まりました。

 今回で7回目となった「マクラーレン・トラックデイ・ジャパン2019」では、マクラーレンの公式イベントとしては初めて、「セナGTR」「720GT3」「570S GT4」が一同に会し、デモンストレーションをおこないました。
 
 イベントのプログラムには、ドライビングレッスン、サーキットタクシー、自分のマクラーレンを運転する走行枠などのサーキットエクスペリエンスがおこなわれました。
 
 走行枠では、オーナーのドライビングスキルによってビギナーからエキスパートまでカテゴリー分けされ、安心して自由にサーキット走行を楽しめるように配慮されていました。
 
 オーナーラウンジでは、アイルトン・セナの甥で、マクラーレンのブランドアンバサダーであるブルーノ・セナがゲストとして招かれ、トークショーイベントなどもおこなわれました。
 
 また、オーナーラウンジでの朝食やランチも含め、同伴者も楽しめるアトラクションも用意されマクラーレンにふさわしいホスピタリティとなっていました。
 
 イベントの目玉としては、ホームストレートに104台のマクラーレンが整然と4列に並び、パレードランをおこないました。
 
 他ブランドから乗り換えて初めて参加したオーナーの多くが、「ホスピタリティ含めて1日楽しめるクルマのイベントは初めてでした。来年も参加します」と、満足していたようです。
 
 第1回目から「マクラーレン・トラックデイ・ジャパン」に参加している人のひとりは、「回を重ねるごとに参加台数が増え、今年のパレードランではついに100台を超え、感慨深いものがありました」とコメントしてくれました。
 
※ ※ ※

 じつはマクラーレンだけではなく、フェラーリやランボルギーニといったイタリアン・スーパーカーブランドもサーキットイベントを定期的に開催しています。
 
 その理由は、スーパーカーを販売して終わるのではなく、いかにスーパーカーをドライブして楽しむかというエクスペリエンスをメーカー&ディーラー側が積極的にオーナーに提供し、そのブランドのよさを知ってもらうという側面があります。
 
 また、こうしたイベントでオーナー同士が知り合うことで、プライベートな付き合いだけでなくビジネスチャンスが広がったりするなど、参加したオーナーたちも社交場として、いろいろなメリットがあるようです。

【画像】圧巻! ホームストレートに104台のマクラーレンが整列!!

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

最新記事

コメント