ダイハツ新型SUV「ロッキー」11月登場か!? サプライズ公開で明かされた中身とは

ダイハツが東京モーターショー2019で公開した「新型コンパクトSUV」は、モーターショーの閉幕後すぐに発売されると見られています。果たして、どんなSUVに仕上がっているのでしょうか。

ターゲットは「都会の若者」 フレッシュな小型SUVが11月発売へ

 東京モーターショー2019のダイハツブースに出展された「新型コンパクトSUV」。どうやらその正体は、2019年11月5日の発表が噂される新型「ロッキー」のようです。

 サプライズで公開されたダイハツの新型SUVは、いったいどんなクルマなのでしょうか。

世界初公開された新型コンパクトSUV
世界初公開された新型コンパクトSUV

 巷の噂では2017年に出展されたコンセプトカー「DNトレック」が、ダイハツとトヨタの新型SUVなのでは、といわれていました。しかし、実際はトヨタのSUV「RAV4」に似ている別のクルマだったのです。

 ダイハツはまだ車名を明らかにしていませんが、これがロッキーで間違いないのではないでしょうか。

 今回出品された新型SUVは、全長3955mm×全幅1695mm×全高1620mmというサイズで、「C-HR」よりもひと回り小さい5ナンバーボディ。車両重量は980kgと、SUVにしては軽量な部類といえます。

 エンジンは1リッター直列3気筒インタークーラーターボ、いわゆるダウンサイジングターボを使っており、最高出力98馬力/6000rpm、最大トルク140Nm/2400rpmから4000rpmというスペックです。

 1.5リッタークラスのエンジンに匹敵するパワー感があり、しかもフラットトルクですので、扱いやすさも兼ね備えているようです。パワートレインにはCVTを採用し、FFと4WDが設定されているといいます。

 見た目はRAV4のような前後デザインですが、サイドは車内空間の効率を考えてか、あまりシェイプされていません。ちなみにダイハツの開発スタッフに聞いたところ、デザインはダイハツの社内のみでおこなっているとのこと。OEM車として出すとみられるトヨタに忖度したわけではないようです。

 フロントはヘキサゴン型グリルを中心に、立体感のあるヘッドライトとバンパーで構成。バンパー下部には、RAV4を彷彿させるスクッドプレート調のリップスポイラーが付いています。リアコンビネーションランプには、面発光LEDを採用。高級感もしっかり抑えています。

 新型SUVのコンセプトはどんなものなのでしょうか。開発スタッフは、次のように話します。

「このモデルは、都会に住む20代の若者を意識して開発しました。普段は街でファッショナブルに生活し、週末はアクティブに過ごすような人たちがターゲットです。

 ただし、昨今はリタイヤした世代が夫婦2人でSUVに乗って出かけるというケースも多いので、そういった人たちにも乗っていただければと思います。サイズは5ナンバーにこだわり、細街路の多い都市部でもスムーズに走っていただけるように考えました」

※ ※ ※

 新型SUVのアピールポイントについても、聞いてみました。

「コンパクトなボディですが、大人4人が快適に乗っていただける室内空間を確保しています。また、荷室のアンダーフロアに深めの収納スペースを設け、コンパクトなボディでも実用的に使っていただけるよう工夫をしました」(開発スタッフ)

 たしかに、荷室のフロアパネルを開けると、驚くほど深い収納スペースが現れます。これなら鉢植えなども積むことができそうです。このスペースを含めると、荷室容量は449リッターにもなります。

 フロアのパネルは、高さを2段階に調整する工夫もされています。4WD車の場合はデフがあるため、浅くはなるものの、収納スペースは十分にあるといいます。荷室自体の広さも確保されており、後席を使ってもしっかり荷物を積むことができます。

まるで“ミニRAV4”!? 迫力デザインのダイハツ新SUVを画像で見る(36枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

1 2

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント