ホンダ新型「フリード」発売! SUV風の新グレード「クロスター」登場

ホンダのコンパクトミニバン「フリード/フリード+」がマイナーチェンジして、2019年10月18日より発売されました。内外装のデザインが刷新するとともに、クロスオーバースタイルの新グレード「クロスター」が追加されました。

SUV風の新グレード「クロスター」に注目!

 ホンダのコンパクトミニバン「フリード/フリード+」がマイナーチェンジして、2019年10月18日より発売されました。

 フリードは、5ナンバーサイズの扱いやすいコンパクトなボディながら、広い室内空間と多彩なシートアレンジで使い勝手の良さが人気です。

ホンダ新型「フリード ハイブリッド クロスター」
ホンダ新型「フリード ハイブリッド クロスター」

 今回のマイナーチェンジでは、内外装のデザインを刷新するとともに、クロスオーバースタイルの「クロスター」が、フリード/フリード+に新たに設定されました。

 クロスオーバー風のクロスターの外観は、遊び心と力強さと表現しています。

 専用のフロントグリルや前後バンパー、LEDフォグライトを装着。ルーフレールやアルミホイール、専用色のドアアウターハンドルとドアミラーを採用し、アウトドアで映えるクロスオーバースタイルが特徴です。

 内装も随所に遊び心が感じられる仕様となります。木目パネルはクロスター専用のプライウッド調を採用。コンビシートは汚れが目立たないデジタル柄とすることで、アウトドアの非日常感を演出しました。

 フリード/フリード+の標準グレードは、親しみやすいデザインに加え、洗練された外装としました。

 フロントフェイスは、フードやグリル、バンパー、ロアグリルのデザインを変更し、精悍で落ち着きのあるシンプルなスタイルとしています。

 さらに、アルミホイールのブラック部分をダークグレーとし、これまで以上に洗練されたデザインになりました。

 内装は、木目調パネルにウォールナットのデザインを新たに採用。シート表皮も刷新し、くつろげる空間を目指しました。

※ ※ ※

 安全装備の面では、先進の安全運転支援システム「ホンダセンシング」を全車標準装備し、新たに後方誤発進抑制機能を追加しました。

 また、ACC(アダプティブクルーズコントロール)は、加減速時によりスムーズなフィーリングとなるように進化しています。

 さらに、下り坂において、シフトレバーを操作することなく、ある一定のブレーキ操作だけでエンジンブレーキを併用したスムーズな減速がおこなえるステップダウンシフト制御を、ホンダのミニバンとして初めて設定しました(ガソリン車のみ)。

 これにより、走行状況に応じたダウンシフト制御をおこなうとともに、エンジンの回転を適切に保ち、なめらかな走行が可能になります。

 フリード/フリード+(クロスター含む)のパワートレインは、1.5リッターガソリンエンジンと1.5リッターハイブリッド、駆動方式は、2WD(FF)と4WDが設定されています。

 フリードは3列シート6人乗り/7人乗り(クロスターは6人乗りのみ)、フリード+は全グレードが2列シート5人乗りで、ユーザーのライフスタイルに合わせて選択できるラインナップを取り揃えています。

 価格(消費税込)は、フリードが199万7600円から279万8400円、フリード クロスターが238万400円から301万8400円、フリード+が218万2400円から282万400円、フリード+ クロスターが240万2400円から304万400円です。

ミニバン+SUVで遊び心満載! 新型フリードの詳細画像を見る(40枚)

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

最新記事

コメント