日産「セレナ」のカスタムカー「AUTECH」がマイチェン! ワンランク上の上質感を目指す

2019年8月におこなわれた日産「セレナ」のマイナーチェンジにともない、カスタムカー「セレナAUTECH」も進化して2019年11月15日より発売されます。新型セレナAUTECHは、どのようなモデルになったのでしょうか。

目指したのは上質感! 新型セレナAUTECHの特徴とは?

 日産のミニバン「セレナ」が2019年8月1日にマイナーチェンジしたことにともない、カスタムカーの「セレナAUTECH(オーテック)」も生まれ変わります。

 新しくなったセレナAUTECHとは、どのようなモデルなのでしょうか。

日産「セレナAUTECH スポーツスペック」(2019年11月マイナーチェンジ)
日産「セレナAUTECH スポーツスペック」(2019年11月マイナーチェンジ)

「AUTECH」とは、日産車のカスタムや架装などを手がけるオーテックジャパンが2018年1月に立ち上げた、「プレミアムスポーティ」をコンセプトとするサブブランドで、これまでに「セレナAUTECH」「ノートAUTECH」「エクストレイルAUTECH」「リーフAUTECH」がラインナップされています。

 今回、セレナのマイナーチェンジによって新しくなったセレナAUTECHは、標準のセレナで大型化したグリルに合わせ、AUTECHブランドに共通するドットパターンの配置を見直しました。

 さらに、グリルやヘッドランプにダーククロムを取り入れ、メタル調のフロントプロテクターなどを装着することで、上質感のあるフロントマスクに仕上げています。

 リアは、標準のセレナハイウェイスターに取り入れられた新たな意匠のLEDリアコンビネーションランプを採用。さらに、リアバンパーやメタル調のリアプロテクターの形状が変更され、スタイリッシュな印象になりました。

 また、従来型モデルのe-POWERでは、標準のセレナもセレナAUTECHもアルミホイールは15インチのみの設定でしたが、新型セレナではe-POWERにも16インチアルミホイールが採用され、セレナAUTECHにも設定されました(セーフティパッケージ)。

 なお、アルミホイールは、AUTECHの「A」をモチーフにした15本スポークの専用デザインとなります。

 AUTECHブランドを象徴するカラーとして、オーテックジャパンの創業の地で、現在も本社がある湘南エリアの海と空をイメージしたブルーが、内外装のさまざまな箇所に取り入れられています。

 セレナのなかでもAUTECHのみに設定された「カスピアンブルー」の専用ボディカラーに加え、リーフAUTECHにも取り入れられた淡いブルーのシグネチャーLEDをフロントバンパーに装着。

 遠くから見てもセレナAUTECHであることを主張する、個性豊かな表情を演出するのに一役買っています。

 ボディカラーは、新たにブラックルーフの2トーンカラーが追加され、従来型モデルから設定されていたブリリアントホワイトパールに加え、カスピアンブルーとマルーンレッドで選択することができます。

 内装においてもブルーへのこだわりが見て取れます。従来型モデルと比べて、ブルーの面積が増えたことで、上質で落ち着いた室内となりました。

 シートやドアトリムには、レザレットと呼ばれる柔らかな合皮を採用。深みのあるブルーとブラックがコーディネイトされています。

 このシートには、波をイメージしたパターンが施されています。湘南の海をイメージするのはもちろん、波の模様が滑り止めの機能を果たし、コーナー時などで体がズレにくくなるという効果もあるといいます。

 また、このレザレットのシートは、ちょっとした汚れを簡単に拭き取ることができ、手入れがしやすいことも特徴です。ファミリーカーとして人気のセレナは、子どもが乗ることも多いため、子育て層にはうれしい仕様ではないでしょうか。

 ハンドルは、質感の高い本革が用いられており、下部はブルーの本革になります。常に手が触れているハンドルだからこそ、握り心地のよい素材にこだわったといいます。

 標準のセレナの内装では、天井やピラー、サンバイザーなどはベージュとなりますが、セレナAUTECHはこれらをブラックとすることでシックな室内を演出しました。

 ほかにも、助手席と運転席に「AUTECH」ロゴの刺繍、インパネやハンドル、シフトに施されたステッチなどにもブルーが取り入れられています。

標準セレナとはどこが違う? 新型「セレナAUTECH」を画像でチェック(32枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 全く肝心の車中泊用改造がみれる写真は一枚も無い、ピント外れの記事。
    日本の自動車リポーターが未だ未だ原始時代を証明している。