レクサス「GS F」の走りが進化! 艶消し黒のホイールなどで精悍なデザインに

レクサスの高性能スポーツセダン「GS F」が一部改良でサスペンションが改良し、これまで以上にスポーティな走りが楽しめるモデルになりました。また、マットブラックのホイールやドアミラーとピラーに黒のアクセントを施すことで、力強いスタイリングを実現しています。

よりスポーティな走りが楽しめる新型「GS F」

 レクサスの高性能セダン「GS F」が一部改良し、2019年10月1日に発売されました。

 GS Fは、日常からサーキットまで、シームレスに走りを楽しめるという“F”フィロソフィーを追求して、2015年にデビューした4ドアスポーツセダンです。

レクサス「GS F」
レクサス「GS F」

 GS Fは「GS」をベースとし、自然吸気ならではの滑らかさとレスポンスの良さを楽しめる5リッターV型8気筒エンジンや、優れたボディ剛性、コーナリング時に理想的な車両挙動を実現する駆動力制御システムTVDなどにより、サーキット走行を楽しめる“F”モデルの高性能セダンとして、レクサスのスポーツイメージをけん引してきました。

 今回の一部改良では、マットブラックのアルミホイールを標準設定するとともに、ドアミラーとBピラーガーニッシュにブラックの配色を施し、力強い走りを想起させる精悍なスタイリングとしました。

 また、ブレンボ製のブレーキキャリパーは、オレンジもしくはスポーティな新色ブルーが選択可能となり、全8色のボディカラーとの組み合わせが楽しめます。

 内装色のブラック&アクセントホワイトは、配色を変更することで、ホワイトのアクセントをより一層際立たせました。

 足回りでは、サスペンションを改良。ステアリングブッシュの剛性を高めてドライバーの意図がよりリニアに伝わるようセッティングしました。

 さらに、リアトーコントロールアームブラケットのアルミダイキャスト化により軽量化と高剛性を実現。普段の走りでは安定したステアリング操作を確保し、サーキットでは限界域でのコントロール性を追求することで、“F”ならではのスポーツ走行を進化させています。

 新型「GS F」の価格(消費税込)は、1144万円です。

黒のパーツで力強い印象に! レクサス「GS F」の画像を見る

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント