さらばVW「ザ・ビートル」最後の1台が日本上陸 復活の可能性はある?

フォルクスワーゲン(VW)を代表するモデルが「ビートル」です。その後継モデル「ザ・ビートル」は2019年をもって生産終了、そして2019年9月25日に最後のザ・ビートルが日本に上陸しました。

最後の「ザ・ビートル」63台が日本に陸揚げされた

 フォルクスワーゲングループジャパン(VGJ)が正規輸入するフォルクスワーゲン(VW)「ザ・ビートル」の最終ロットを積載した船が日本に到着、2019年9月25日に日本における最後のザ・ビートルが陸揚げされました。

最後のザ・ビートルとなったのはストーンウォッシュドブルーメタリックのザ・ビートル「Rライン マイスター」
最後のザ・ビートルとなったのはストーンウォッシュドブルーメタリックのザ・ビートル「Rライン マイスター」

 ザ・ビートルはすでに2019年7月11日に、メキシコにあるプエブラ工場での生産を終了しています。

 今回、日本における最後のザ・ビートルを乗せた船は、2019年8月27日にメキシコ・アカプルコを出港、最終ロットとして63台のザ・ビートルを積載し、29日間をかけて日本に到着しました。

 最後の陸揚げを記念したイベントでは、最後の1台となったストーンウォッシュブルーメタリックのザ・ビートルRラインマイスターを、「Thank You! The Beetle」と書かれた黄色のTシャツを着た大勢のVGJ社員が迎えました。

 イベントでは、VGJ社長のティル・シェア氏は次のように話します。
「フォルクスワーゲンのブランドアイコンであるザ・ビートルですが、残念ながらこの青い1台をもって最後となります。

 このクルマはひと目でビートルとわかるシルエットで、内外装のいたるところに初代ビートルの伝統がちりばめられています。日本で初代のビートルが正式に輸入されたのが1953年、ニュービートルは1999年、そしてザ・ビートルは2012年が陸揚げされ3世代合計で約22万台のビートルが日本のお客さまにとどけられました。

 日本では黄色いビートルを見つけると1日幸せになる、というような噂が生まれ、日本のお客さまに愛されたことがわかりました。長年にわたりビートルを愛し、文化を育ててくれた日本のユーザーに感謝いたします」

※ ※ ※

 ザ・ビートルは、「21世紀のビートル」というキャッチフレーズで、2011年11月に開催された第42回東京モーターショーにて初公開。日本では2012年6月1日に発売されました。

 以来、2013年10月には2リッター搭載のスポーツモデル「ザ・ビートル ターボ」、2016年9月にマイナーチェンジ、2016年11月には1.4TSIエンジン搭載の「ザ・ビートルRライン」などを発売し、魅力を追加してきました。

 2018年1月からは「See You! ザ・ビートル」キャンペーンも開始され、特別仕様車も3グレード発売されています。

 登場から8年が経過したモデルですが、クラシカルな容姿は日本において好評で、2018年は輸入車モデル別ランキングで18位、2017年は同じく18位、2016年は16位と人気を維持していました。累計輸入台数は4万4681台です。

登場から約80年でついに終了! VW「ビートル」の歴史を画像で振り返る(38枚)

【最大88%オフ】春夏の航空券予約スタート 早いほどお得!

画像ギャラリー

1 2

【NEW】自動車カタログはこちら byくるまのニュース

【ヤフオク!】でクルマのパーツをお得にさがす!

最新記事

コメント