第2世代と呼ばれる日産「スカイラインGT-R」の中古車価格はなぜ高騰しているのか?

日本が世界に誇るクルマのひとつである「スカイラインGT-R」とくに第二世代と呼ばれているR32、R33、R34型は近年価格が急騰しています。なぜこれらのGT-Rたちは突然値段が上がり始めたのでしょうか。

「伝説」とまで形容された第2世代のGT-Rたち

 日本が世界に誇るクルマのひとつ、という枕詞がまったくいい過ぎではない車種のひとつが、日産のGT-Rではないでしょうか。

第二世代と呼ばれるGT-Rたち
第二世代と呼ばれるGT-Rたち

 世界の名だたるスーパースポーツと互角に戦える実力をもっていながら、価格はライバル車に比べて比較的リーズナブル(といっても簡単に手が出る価格ではなくなってきましたが)というのも魅力のひとつといえるでしょう。

 とくに初期型といわれる2007年付近の中古車であれば、300万円台のプライスタグを付ける個体も見かけるようになってきており、頑張ればなんとか手が届くかもしれない価格帯となってきています。

 その一方で、このところ大きく価格が急騰しているのが、いわゆる第2世代GT-Rと呼ばれる、R32、R33、R34型の「スカイラインGT-R」です。

 スカイラインGT-Rの始まりは、1969年に3代目「スカイライン(ハコスカ)」をベースにしたモデルでした。

 1973年には4代目スカイライン(ケンメリ)をベースにした2代目スカイラインGT-Rが登場しますが、搭載されていたS20型エンジンが排出ガス規制に適合しなくなったため、わずか3か月、197台のみの生産で販売を終了してしまっています。

 そして、第1世代のGT-Rが生産を終了しておよそ16年後の1989年に8代目スカイラインをベースとした3代目スカイラインGT-Rが登場します。これはベースとなったR32型スカイラインの登場からおよそ3か月遅れの1989年8月のことでした。

 搭載されるエンジンは第1世代の2リッターのものから大幅に排気量が拡大された、直列6気筒のRB26DETT型エンジン。2568ccという中途半端な排気量は、当時のグループA車両で競われていた全日本ツーリングカー選手権に参戦する際、ターボ係数をかけても4.5リッタークラスに収まるように逆算してはじき出されています。

 500cc刻みの日本の自動車税制上、不利というのは承知の排気量で登場したRB26DETT型エンジンですが、そのエンジンを搭載したスカイラインGT-Rは、日本ツーリングカー選手権が終了する1993年まで無敗を誇り、レースに勝つために生まれたR32型スカイラインGT-Rはその役目をキッチリ果たしたのでした。

 その後、スカイライン自体は1993年8月に9代目へフルモデルチェンジを果たすも、GT-RはR32型が1994年末まで継続販売がされ、1995年1月にR33型スカイラインGT-Rが登場するまで活躍しました。

 R33型スカイラインGT-Rは、ベースとなったスカイラインが大型化したことでGT-Rも当然サイズアップ。車両重量増とホイールベースの延長によってシャープな動きがなくなった、と当時のメディアなどは酷評する向きもありましたが、実際はプロトタイプでのニュルブルクリンクのタイムは先代モデルよりも21秒も速い7分59秒をマークし、「21秒ロマン」というキャッチコピーが使われたほどでした。

こりゃヤバイ!NISMOが所有するR32.33.34型スカイラインGT-Rが極上すぎる…(画像29枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 重機やダンプなど数が足らん車種は新車より高い中古が東日本震災直後には溢れていたけど、そんなもんは中古で取得税を免税するのではなく別の名目で徴収すべきじゃないねかね?、GT-Rとて行く末は消耗品の鉄屑なのだから売買価格によっては課税すべきだろ
    日本の税制は重く燃費の悪い車もハイブリッドと言うだけで重量税を逃れたり、新車価格に迫るような売買契約は放し飼いだったり、そのオハチを何ら関係無い古い車種に難癖を付けるような税金の取り方ばかりなので根本から見直すべきだろ
    こんなんじゃ何時かわはクラウン?GT-Rなんて化石になっても高値の花だろうがよ