無限 シビックタイプRはモータースポーツから得た技術をフィードバックした本気仕様!

2019年9月13日。自動車メーカー直系のチューニングブランド4社が開催するイベント「ワークスチューニング合同試乗会」がおこなわれました。TRD、NISMO、無限、STI、それぞれのメーカーが持ち込んだ自慢の最新カスタマイズカーを試してみました。

そのエアロパーツ飾りにあらず! 確かな空力性能を兼ね備えたサーキットスペックなり

 自動車メーカー直系の4大ブランドが開催する「ワークスチューニング合同試乗会」が、今年もツインリンクもてぎの北コースをベースとして開催されました。

 話題の新型車から人気モデルのさらなるブラッシュアップまで、各社がモータースポーツと生産車づくりを通して得たノウハウを存分に注入した、ワークスならではのチューンドカーたちに試乗することができました。

 今回は無限がチューニングを施した、ホンダ「シビックタイプR」の試乗をメインにお届けします。

無限 シビックタイプR
無限 シビックタイプR

 無限は、今回4台のチューニングカーを持ち込みましたが、なかでも注目すべきは、やはりシビックタイプRでしょう。無限はこれに「More R」というコンセプトを抱えながらも、その内容は意外や大人しめの印象を受けます。

 無限といえばかつてFD2型で「RR」(ダブルアール)というコンプリートカーを発表して瞬く間に完売した記憶が鮮烈ですが、今回のタイプRは、エンジンはおろか足回りさえもがノーマルだからです。

 これに対してMーTEC 山谷氏は、「純正タイプRが既にかなりの完成度を持っているため」だと教えてくれました。タイプRは純正で可変ダンパーを使っているので、これをわざわざアナログな車高調整式に変更するのは、オーナーだったら勇気が要るでしょう。

 また、車輌制御とダンピングシステムは細かく連動しているため、いたずらにこれを変更できないという側面もあるようでした。それでは無限シビックタイプRが、エアロを装着しただけのドレスアップ車なのかというと、それは違います。

 ディフューザーこそ走行安定性を大きく左右するためドレスアップ要素に留めた仕様となっていますが、前後スポイラーとサイドスカートは、これまでのモータースポーツ活動から得た技術をフィードバック。

 とくにプロトタイプとなるカーボン製リアウイングと、無限としては初となるオールチタンエキゾーストシステムによって約20kg、切削鍛造の専用アルミホイールで10kg(4本合計)、合計30kgの軽量化がなされているのでした。

 またターボ車であるシビックタイプRの冷却性能を高めるために、現在ボンネットも開発中。これによってフロントセクションもいくらか軽くなった場合を想定しながら、現在はリアウイングの主翼・迎え角を様々なパターンで試しているとのことでした。

N-WGNにCR-Vにインサイトも!シビック以外にもある無限仕様のホンダ車たち!(画像43枚)

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

1 2

【特集】東京モーターショー2019 開幕直前!

最新記事

コメント