日本で小学生が2000万円超の新車の実車を運転!? 子どもがNSXを運転できた理由とは

子どものうちに経験する運転は、交通安全へつながるか

 法的な解釈では、私有地などクローズドエリアでは運転免許の所持は義務付けされていません。とはいえ、U-18運転予備校のように、子どもが正々堂々とクルマを運転するケースは極めて稀です。

横浜市の「こどもの国」で使われた日産「ダットサン・ベビイ」
横浜市の「こどもの国」で使われた日産「ダットサン・ベビイ」

 過去には、神奈川県横浜市の「こどもの国」で1960年代後半から70年代前半にかけて、「こども自動車学校」がありました。

 一周1.6kmの専用道路で、クルマは日産がこどもの国に提供した排気量199ccの小型車「ダットサン・ベビイ」。小学校5年生以上でこども自動車学校に入れ、卒業生は約4万5000人。じつは、筆者もそのひとりです。

 現在、日本自動車ジャーナリスト協会として、U-18運転予備校を開催している目的は、ふたつあります。

●運転免許を持たない若者の交通安全の向上(運転を体験することで、歩行者・自転車の危ない行動を理解する)

●クルマ好きの若者を増やして日本の自動車産業の発展に貢献(若いうちに安全運転を体験し、正しいクルマの扱い方を習得する/クルマの楽しさを知ってもらいたい)

 2017年に日本自動車ジャーナリスト協会から、U-18運転予備校の話を聞いた際に、筆者自身の子どもの頃の体験を踏まえて、「ぜひ、インストラクターをしたい」と申し出て、現在おこなわれているイベントに至る、という訳です。

 こうした試みは必要と考えるか、問題があったらどうするんだ! 不要だと考えるか、あなたはどう思いますか。

憧れの車は今の小学生も同じ!? どんな車種に乗ったのか写真で見る(13枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

Writer: 桃田健史

ジャーナリスト。量産車の研究開発、自動車競技など、自動車産業界にこれまで約40年間かかわる。
IT、環境分野を含めて、世界各地で定常的に取材を続ける。
経済メディア、自動車系メディアでの各種連載、テレビやネットでの社会情勢についての解説、
自動車レース番組の解説など。
近著に「クルマをディーラーで買わなくなる日(洋泉社)

1 2

最新記事

コメント