• くるまのニュース
  • 試乗記
  • ボルボV90 D4ノルディックエディション試乗「約1000kmドライブでわかったボルボらしさとその実燃費」

ボルボV90 D4ノルディックエディション試乗「約1000kmドライブでわかったボルボらしさとその実燃費」

ボルボのプレミアムエステートモデル「V90」のディーゼルモデルに乗って、いざ東北。東京から山形へロングドライブをおこないました。その乗り心地や走り、燃費はどうだったのでしょうか。レポートはモータージャーナリストでありタレントの竹岡圭さんです。

ボルボのプレミアムエステート、V90のディーゼルモデルで「いざ東北!」

「圭さん、ボルボに乗ってロングツーリングに行きませんか?」いやはや、なんとも楽しそうな話が舞い込んできました。

今回の長距離旅行のおともは、全国限定60台の特別仕様車、ボルボV90 D4 ノルディックエディション
今回の長距離旅行のおともは、全国限定60台の特別仕様車、ボルボV90 D4 ノルディックエディション

 というのも、私(竹岡圭)はクルマに乗ってウロウロするのが大好物なのです。なかでもいちばんの好物は、地元の美味しいものや珍しいものを、見ながら食べながら、あっちへウロウロこっちへウロウロすることなんですよね。ええ、道の駅とかはもう本当に大好きなんですよ。

 そんなウロウロ旅にお仕事で行けるなんて、これほど嬉しいことはありません。というのも、現在のところボルボのシート、90シリーズや60シリーズに搭載されているシートが世界一だと、個人的に思っているからなんです。

 ロングドライブを楽しめるか否かには、シートのでき栄えが強烈に効いてきます。じつはなにを隠そう腰痛持ちでして、しかも身長160cmと、女性モータージャーナリストのなかでは小柄ですから、シートはフィーリング的にもドライビングポジション的にも、問題は切実。モータージャーナリストとしても、シートには小うるさいことで知られているほどですから。

 今回の試乗車は「V90ノルディックエディション」ということで、最上級モデルとなるインスプリクションのシートとは違いますが、座った瞬間に「これならいけそうだ」と確信を得ました。

 さて、前置きはこれくらいにして、どこへ行こうかってことなんですが、まだまだ残暑厳しき折、一路北へ向かってみることにしました。

 先日TVで見かけた、山形県鶴岡市の「加茂水族館」にクラゲを見に行きたいなと思いまして。

 なんでも、日本でいちばんクラゲの種類が多い水族館なんですって。しかも、この水族館、一時はお客さんが全然入らず閉館寸前だったのを、たまたま何かにくっついてきたクラゲの繁殖に成功し、「あれっ、これはいけるかも」と、クラゲをフィーチャーしたら大成功。

 あのフワフワとした動きがなんとも癒されると、女子ウケもバッチリなんだとか。テッパンではありますが、やっぱりそういうストーリーって惹かれちゃうんですよね。

 東京から山形まで、東北道から山形道へ入るルートで約490km。1泊2日の旅としてはなかなかの距離ではありますが、V90なら大丈夫。

 しかも今回のお供はV90のディーゼル仕様「D4」なので、190馬力/400Nmと非常にトルクフル。トルクの太いエンジンはロングツーリングに最適なんですよね。スポーツドライビングなら高回転をガンガン回す楽しさもありますけど、快適に長距離を走るならノシノシとトルクで走らせるクルマの方が、とにかくラクなんです。

 それにボルボのディーゼルエンジンは、ドイツ車のディーゼルエンジンのようにやたらとシャープさを強調するわけでもなく、フランス車のディーゼルエンジンのように包み込むようなパワーを強調するわけでもなく、ガソリンエンジン車から乗り換えても違和感を感じないようなフィーリングなので、ストレスを感じないんですよね。

 ディーゼルエンジンというと必ず指摘される音も、走り出してさえしまえば気になりませんし。8速ATのシフトフィーリングも、非常にナチュラルだし。そしてロングドライブという気になる燃費も。それは最後に結果を発表することにしましょう。

 さて、今回はお仕事なので、撮影とかもしなければなりません。今年の夏は本当にお天気の機嫌取りが大変でしたが、そんな様子を見つつ、撮影に適していそうなポイントを探しつつ、サービスエリア等で適宜休憩。そんなときに感じるのは、V90の姿勢の低さなんですよね。

 駐車場でズラリと並んだクルマたちと比べると、低く構えていてとにかく佇まいがカッコイイんですよ。とくにボンネットの低さが際立っているんですよね。

 最近は衝突安全テストを考慮して、ボンネットが高めのクルマが増えてしまいましたが、世界一の安全性能を誇るボルボだからこそ、この低さが実現できているのでしょう。やっぱり低く構えたクルマって、カッコイイんですよね。自分の乗っているクルマをカッコイイと思えるかどうかって、愛着度の点でかなり大事なポイント。お気に入りは大事にするし、運転も丁寧になるし、なんたってそれだけで楽しくなりますから。

ボルボV90D4ノルディックエディションで行く 竹岡圭と東京〜山形ロングツーリングの画像を見る(38枚)

【最大88%OFF】早いほどお得に!秋・冬旅の航空券を売り出し開始!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント