トヨタはなぜ売れる? 世界中で販売が好調な理由とは

トヨタは、世界的にも有名な自動車メーカーです。世界の売上高ランキングにおいても、フォルクスワーゲングループやダイムラーグループと上位を争う位置にいます。なぜ、トヨタは世界でシェアを伸ばしているのでしょうか。

トヨタはなぜ世界で売れ続けるの?

 日本の大手自動車メーカーであるトヨタは、日本のみならず、世界的にも有名なメーカーとして知られています。

 また、世界の売上高ランキングにおいても、フォルクスワーゲングループやダイムラーグループと上位を争う位置にいますが、なぜトヨタ車は世界で売れ続けているのでしょうか。

北米市場を中心に人気の新型「RAV4」は日本でも売れ筋SUVに
北米市場を中心に人気の新型「RAV4」は日本でも売れ筋SUVに

 前述の売上高ランキングでは、2017年が約29.4兆円で1位に輝き、2018年には2位に順位を下げたものの売上高は約30.2兆円と、世界中で売れていることがわかります。

 2018年の国内生産台数でトヨタは、乗用車・商用車合わせて313万8751台(前年比98.4%)となっており、国内販売台数は156万4309万台(前年比95.8%)と、どちらも前年実績を下回りました。

 しかし、輸出台数においては、189万170台(前年比104%)となり、2年連続で前年実績を上回る数値です。

 また、海外生産台数は574万6782台(前年比98.8%)と、7年ぶりに前年実績を下回っていますが、海外販売台数は約797万7000台(前年比102.9%)と前年よりも上回っていました。

 国内での生産台数や販売台数は、他メーカーと激しい競り合いをしているトヨタですが、海外生産台数や海外販売台数、輸出台数などにおいては、他メーカーよりも一歩先を歩いています。

 トヨタと同じ大手自動車メーカーである日産は、輸出台数・海外生産台数・海外販売台数ともに前年より5%もマイナスになっており、ホンダに関しては前年よりも海外の生産・販売台数は伸びているものの、台数はトヨタの足元にも及びません。

 現在トヨタでは、24か国で生産をおこない24か国以上の国で販売されています。2019年6月の販売実績では、19か国が前月よりも売り上げを伸ばしました。

 では、なぜトヨタは世界的に売上を伸ばしているのでしょうか。トヨタ広報部は次のように話します。

「トヨタには、さまざまなグローバルモデルが存在し、それぞれの国や地域に合った車種を出しています。

 たとえば、寒い地域や暑い地域など、その地域や国に合ったきめ細やかな対応をしているので、その点が評価されたのではないでしょうか。

 また、グローバルの車種も安全性や利便性、燃費などのトータル的な面で評価されているのではないかと思います」

画像で見る!世界で人気「RAV4」 めちゃスゴカスタム仕様(23枚)

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 車造りも車作りも上手い会社とは思えんけどね、行列するラーメン屋も不味いのあるし、要は有無を言わさず新型魔術で売ってるだけの話で、自分もトヨタのセダンに乗ってるが最初の出足の演出は上手いが他はスカスカで何に乗ってるか分からん時がある