ホンダ、新型「シビック」を発表! 北米で公開された最新モデルは何が進化した?

ホンダ「シビックハッチバック」の最新型となる2020年モデルが、北米で発表されました。いったい、どのような点が進化したのでしょうか。

シビックの最新モデル、何が変わった?

 ホンダは、2020年モデルとなる新型「シビックハッチバック」を米国で発表しました。現地での発売は、2019年8月16日(現地時間)より開始されるといいます。

 いったい、どのような点が新しくなったのでしょうか。

ホンダ「シビック」2020年モデル
ホンダ「シビック」2020年モデル

 2020年モデルの新型シビックハッチバックは、外観においてバンパーのデザインが変更され、フォグライトハウジングにボディカラーと同色のクロスバーが追加されました。

 また、フロントグリルをはじめ各部のデザインも改良が加えられています。

 足まわりについては、ダークグレーまたはブラックの新しいホイールのデザインが採用されました。

 内装は、グレードごとに新たな意匠が用意されており、静粛性の向上を図るためにフロア、トランク、フロントおよびリアフェンダーに遮音材が追加されています。

 今回の改良で、北米市場でははじめて最上級グレード(スポーツツーリング)に6速MT仕様が設定されました。

 シビックハッチバックの2020年モデルは、現地価格で2万1650ドル(約230万円)から2万8850ドル(約306万円)です。

新型シビック、何が変わった? 現在日本で販売されているモデルと写真で比較(19枚)

【格安航空券】早いほどお得に!秋・冬旅の売り出し開始

画像ギャラリー

最新記事

コメント