自動車保険「安けりゃいい」だけだと後悔するかも 入っておくべきオススメの「特約」とは?

テレビCMなどでおなじみのネット通販型自動車保険。もちろん保険料の「安さ」も魅力のひとつですが、保険商品の中身を理解した上で加入したいところです。そこで、多くの人が入っている、またはオススメの「特約」を調べてみました。

コストをカットすることで割安な保険料を実現した「ネット型自動車保険」

 クルマの保険には「自賠責保険」と「任意保険」があります。

 自賠責保険はすべてのクルマに加入が義務づけられている保険で、強制保険とも呼ばれます。一方、任意保険は自賠責保険の補償内容(対人賠償最高4000万円)では足りない部分をカバーし、相手方のみならずドライバーなどへの補償を手厚くする保険です。

「いざ」という時のための任意保険。安さだけではなく内容もきちんと確認したい
「いざ」という時のための任意保険。安さだけではなく内容もきちんと確認したい

 任意保険の重要性は、みなさんもよく知っていると思います。しかしその一方で「支払う保険料をできるだけ安くしたい」と考える人が大多数でしょう。そうしたニーズにマッチするのが「通販型自動車保険(ダイレクト型保険、ネット型保険)」です。

 では通販型自動車保険は、「代理店型自動車保険」とはどのような点が異なり、またどうして安くなるのでしょうか。

 代理店型自動車保険は、代理店の担当者が保険加入を考えている人と面談し、クルマの用途、運転する人など細かい情報をヒアリングし、適切な保険商品を提案します。

 一方、通販型自動車保険は、契約者自身がインターネットなどで保険商品の内容を確認し、選択して申し込む形をとります。ここに、通販型と代理店型との大きな違いがあります。

 つまり通販型は、代理店型で必要な代理店の手数料、人件費、運営コストをカットすることで、割安な保険料を実現しているのです。

 また通販型ではインターネットを使うことで、場所や時間にとらわれることなく、見積もりの依頼ができます。そのため、複数の保険会社から見積もりを取り寄せ、比較検討し、より「安い保険料」を求めることも容易です。

 ただこうした仕組みにデメリットがないわけではありません。代理店型では、担当者が必要な補償内容を考え、提案してくれますが、通販型では保険に加入しようとする人自身がそうした内容を検討し、判断しなければなりません。

 つまり、適切な補償内容を選択しなかったばかりに、万一の事故の際に、思っていたとおりの補償が受けられないという可能性もゼロではないのです。

 そのため、通販型自動車保険に加入しようとするときは、保険料の安さだけではなく、保険商品の中身をきちんと理解した上で判断する必要があります。

 とくに注意したいのが、「特約」の存在です。特約とは、主契約に付随するオプション的な契約で、主契約だけではカバーできない部分を補い、補償を手厚くする役割を持っています。

どうすれば事故減る?さまざまな対策方法を画像で見る(8枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント